*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 35話>

チャンヒビン第35話「人事改革」

公然と懐妊を願ったことを王妃から責められたチャン昭儀(ソイ)(=オクチョン)は、
世継ぎのできない王妃のためですわよ~と意地悪く言い返しました。
キム貴人(キイン)は大王大妃に言いつけ、大王大妃はチャン昭儀を呼びます。
キム貴人は大王大妃殿から出るときにすれちがったチャン昭儀から
貴人の謹慎をといたのは地位の低い私だとおちょくられ
飛びかからんばかりに怒ってましたが、相変わらずやられてばかりですねえ。

チャン昭儀の態度に怒った大王大妃は具合が悪くなってしまいましたが、
大王大妃は以前はチャン昭儀に王子を産め産めって言ってたのに
今になって王妃の世継ぎが一番だというのはちょっと勝手ですよね。

さて、後宮の夜はさまざまです。
懐妊に最適な明日の夜に備えて、心身を整えるチャン昭儀。
放っておかれっぱなしのキム貴人はどうにか自分のところにきてもらおうと
尚膳に働きかけますが効果はありません。
粛宗は病気の大王大妃の言葉を思い出し、中宮殿を訪ねました。

粛宗は人事改革を決意し、優秀なら地方の末端役人でも重職に登用すると発表。
西人派の要人に賄賂を貢いで官職についた末に追放された者が怒り、
西人派の中で揉め事が起こり始めました。

大王大妃は、ずっと看病してくれる王妃のことを粛宗の前でほめちぎります。
そこへ見舞いに来た淑安公主がチャン昭儀の悪口を言い、粛宗はご立腹。
事を荒立てるのは逆効果だと大王大妃から牽制されても
そんなことでは静かにならない淑安公主はチャン昭儀を責めに行きました。
チャン昭儀の部屋の外でそのようすを聞いた東平君は
西人派の重鎮も一目置く淑安公主をあなどってはいけないと言い聞かせます。

その後東平君は人事改革が徹底されていないと粛宗に申し入れ、
仲間同士(西人派同士)で審査させても公平ではないと吹き込みました。
粛宗は東平君に吏判と兵判の人事権を任せ、おまけに淑安公主の入宮を禁止。
怒った淑安公主は東平君の家へ乗り込みます!
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 36話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 34話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント