*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 21話>

チャンヒビン第21話「明聖王后の死」

大妃は女官たちに薄氷の張った冷水をかけさせて儀式を続けていました。
臣下たちは大妃を止めようと現場にかけつけます。
そこへ、粛宗が回復したとのしらせが!
それを知った大妃が粛宗のもとへ行こうとしたそのとき、倒れてしまいました。

粛宗の病はみるみるうちに回復。
御医ユ・サンはこのとき、熱病には禁物とされる高麗ニンジンを薬に入れて
粛宗を治療し、このことで昇進したそうです。

目を覚ました粛宗は、母が倒れたと知り、大妃殿へ。
回復したばかりの殿下になぜ私が病気だと知らせたのだ!?と
大妃が側近を責めているところへ粛宗が入ってきました。
オモニ・・・と呼びかけやさしく大妃の頭をなでる粛宗。
私には息子などいませんと大妃は拒み、
宮殿に入るときに自分の名前さえも忘れて生きてきたと告白します。
母の死の間際に、粛宗は大妃の深い愛情を知るのです。

大妃と反目しあっていた大王大妃も、大妃が危篤と聞いて落ち着かないよう。
大妃が嫌っているこの年寄りが来ましたよ!生きてください!
あんなにいじめておいて先に逝くなんて!と必死に呼びかけます。
宮殿で女が生き残るのにはああするしかなかったとお互い知っていた、
また生きて嫌い合いましょう・・・と泣く大王大妃に、
親不孝をお許しくださいと返答する大妃。
最後に大妃と粛宗は母と息子として抱き合います。
そして大妃は、強い国王になれと言い残し、粛宗の腕の中で息を引き取りました。

ああ、このドラマには本当の悪人はいないのですねえ・・・
「女人天下」とはえらい違いですよ。

このとき明聖王后(ミョンソン王后)は42歳。
10歳で世子嬪となり、夫に愛され、朝鮮王朝で側室のいない唯一の王妃でした。
政治にも介入し、文定王后(女人天下の)の再来ともいわれたそうです。

大妃が亡くなると、結束していた西人派は老論派と少論派に小分裂。
粛宗は喪があけると、右議政を大妃いとこで叔父のキム・ソクチュから
ナム・グマン(少論派)に変更します。ナム・グマンは西人派ではありましたが
党派をこえた公正さをもち、粛宗に信頼された人物だそうです。
官職をとかれたキム・ソクチュは、大妃の言葉を思い出していました。
自分が死んだら先に朝廷から退けと言われていたのに、実行しなかったのです。

母を失ったうえに今も一人寝を続ける粛宗をみかねた大王大妃は、
オクチョンを呼び戻しては?と提案。王妃も同じことを考えます。
もはやオクチョンの入宮は避けられないと判断した西人派は、
その前に正式な側室を入れさせることを条件としました。
嘉礼庁を設置し朝見の礼まで行うなど王妃の入宮に匹敵するような格式を経て、
領議政キム・スハンの従孫であるキム淑儀(スギ)が側室となりました。
これは西人派の意図で行われたことで、粛宗には不愉快なことだったそう。
もちろん、大王大妃もオクチョンも憤慨してます!
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 22話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 20話>

スポンサード リンク


はじめてお邪魔します。

「女人天下」「張禧嬪」ともに鑑賞中なので、
>ああ、このドラマには本当の悪人はいないのですねえ・・・
>「女人天下」とはえらい違いですよ。

に噴出してしまいました^^
あらすじ紹介、大変重宝しております。
[ 2009/03/17 23:03 ] [ 編集 ]
黄梅さま、はじめまして!コメントありがとうございます。

> >ああ、このドラマには本当の悪人はいないのですねえ・・・
> >「女人天下」とはえらい違いですよ。
>
> に噴出してしまいました^^

こういう情愛のシーンが女人天下ではまったくなかったので
思わずホロリときてしまったんです。
チャン・ヒビンは適度によい人がいて
臣下もそれほどえげつなくは描かれていませんよね。


ところで、ブログ拝見させていただきました。
実は以前何か(女人天下かチャンヒビン関連語)で検索していたとき
拝見したことがあります!ご縁を感じます♪よろしくお願いいたします。
(紅楼夢の知識はないのですがなんだかおもしろそうですね!)
[ 2009/03/18 22:28 ] [ 編集 ]
>うめ子さま

私のブログをご覧いただいていたとは、光栄です!
こちらのように面白さを的確に表現できたらいいのに、
自分の防備録もかねているので長大な文章になりがちで・・・

女人天下は情愛シーンが全くないのですね(笑)。どちらかというと
チャンヒビン系(主人公がむしろ悪役)と思っていましたが、ヒビン
よりさらに悪人ばかりが出てくるとはスゴイです。チャンヒビンは
東平君の母、申氏など、敵とも味方とも割り切れない人物もでてきま
すよね。女人天下はまだ15話までなので、がんばります~

こちらこそよろしくお願いいたします^^
紅楼夢は最近記事を書いてないのですが、紫禁城華の嵐はとっても
気になっています。アップ楽しみにさせていただきますね。

[ 2009/03/18 23:21 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~!

> 女人天下は情愛シーンが全くないのですね(笑)。どちらかというと
> チャンヒビン系(主人公がむしろ悪役)と思っていましたが、ヒビン
> よりさらに悪人ばかりが出てくるとはスゴイです。

ええ、女人天下は、主人公が悪役なのはチャン・ヒビンと同じなのですが、
じーん・・・とかホロリ・・・というシーンがほとんどありません。
謀略ばかりでえんえんと150話続くという、すごいドラマです。
(ある意味そのえげつなさにハマってしまったわけですが)

それに比べるとチャンヒビンのほうがドラマとしての出来は上だと思います。
メリハリあるしダラダラしてないし。
けれども女人天下のあのいろんな意味での衝撃にはかないません・・・
そんなわけで、女人天下ファンな私でございます。

黄梅さまも最後まで頑張って視聴してくださいませ♪
[ 2009/03/19 19:04 ] [ 編集 ]
うめ子さま、こんばんは^^

>謀略ばかりでえんえんと150話続くという、すごいドラマです。
>(ある意味そのえげつなさにハマってしまったわけですが)

そうなんですか~!突っ込み体質の私にはうってつけです笑。

個人的にはキルサンが劇団を離れたときホロリとしかけたのに、
同じ回で既に成人俳優さんにかわりヌングム達と再会するくだり
「ええ?私のあのホロリはなんだったの~」と思いました。

雷でテレパシーとか。「西宮」といい、雷はお約束ですね~
でも大好きです♪「張禧嬪」は、確かに見た中ではだらだらしなくて
よかったかも・・。100話でちょうどよくエピソードが配分されてまし
たね(たまに「もう6年たってたの?」ってことが2回、オクチョン拉致
時代とあともう一回であったのですが)。

出来たら、数をこなしていくごとに女人天下の各話の記事にもコメン
ト寄せさせていただきたいです。視聴の励みになります。よろしく
お願いします!

[ 2009/03/19 23:58 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント