*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 10話>

チャンヒビン第10話「追放」

さめざめと泣くオクチョンを、粛宗はほんとうに可愛く思っているようす。
寒い中、夜の宮殿の庭に二人で座って語らったりしています。
お付きの人々は、あほらし・・・とか思ってるんでしょうねえ。

母が恋しいというオクチョンの言葉を聞いた粛宗は
オクチョンの母を宮殿に呼べとパク尚宮に命じます。
泣きながら再会を喜び合う母娘。そのようすを部屋の外から伺う粛宗。
大妃はこの件を知りまたまた怒ってますよ~
中殿を誹謗する文書を捏造しオクチョンのせいにして追い出すつもりです。

オクチョンは再び中殿に挨拶に行きます。
驚くことに中殿は、懐妊をして王子を産みなさいと言います。

粛宗は、オクチョンに牒紙(後宮に命じる紙)を出すと決めました。
王妃と墓参りに行けばオクチョンに部屋を用意すると粛宗に約束する大妃。
牒紙を引き伸ばし、粛宗が不在の間にオクチョンを追放するつもりなのです。
大王大妃はこの大妃の動きをなんだかおかしいと疑っています。

西人派のキム・イクフンは街のごろつきから力のある者を募っていました。

オクチョン兄のヒジェは捕盗庁で痛めつけられた後で釈放され、
救い出してくれた妓生スクチョンと東平君に感謝します。
東平君は預けた千両のかわりにお前の一生を預けろと言います。

新しい部屋へうつったオクチョンを粛宗が訪ねてきました。
狭い部屋のほうが粛宗と夫婦のように感じられて好きだったとオクチョン。
粛宗はオクチョンのチマに絵を描き、ますます二人の愛は深まっていきます。

粛宗と王妃が、陵幸(先王の墓参り)に出かけました。
王妃の切った爪を庭に埋めに行った女官が例の誹謗文書を見つけます。
大王大妃は大妃の仕業と見抜きオクチョンを守ろうとしますが、時すでに遅し。
オクチョンは大妃がまわした者によって強引に追い出されていました。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 11話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 9話>

スポンサード リンク


女人天下を148話で止めてこっちを観ています。

今までたくさんの韓流歴史ドラマを観て来ましたが、今日初めて胸のつかえが取れました。
このチャンヒビンでは特に印象的なんですが、昼間の外の場面ではやたらと野鳥
の声がします「ガシャガシャ」って、他のドラマでも外部の場面で聞こえるので気になっていました。
この回、仁顕王妃がハン尚宮にカササギだねって言ってました、それを聞いて一気に氷解しました。
この鳥は秀吉軍が朝鮮から持って帰ってきたみたいですね。日本には九州の北部に居るようです。だから聞き慣れなかったのですね。
ちなみにココまで観て、仁顕王妃が「ハンサングン」と呼ぶかろやかな声音が好きです、これを聞くとすぐに真似をして「ハンサングン」と何回もつぶやいています。
今のところヒビンは少女っぽいですが、これがスケバン王妃に変身するのですね。ただ私の基準はこれからもずっと文定王妃です。






[ 2010/05/29 10:20 ] [ 編集 ]
再放送が はじまったので また見てます
後半の ヒビンを知ってるので
今の さめざめ 泣く ヒビンにも あんまり 感情移入できません

けど ほんと この当時は ラブラブだったんですね~
みてて 恥ずかしいです

王妃様 この頃から ちょっと 可愛そうです
後ろ盾が あるのに・・・
頑張って!!!
[ 2010/06/09 10:04 ] [ 編集 ]
★デンシリュウさま、おひさしぶりです♪

> このチャンヒビンでは特に印象的なんですが、昼間の外の場面ではやたらと野鳥
> の声がします「ガシャガシャ」って、他のドラマでも外部の場面で聞こえるので気になっていました。
> この回、仁顕王妃がハン尚宮にカササギだねって言ってました、それを聞いて一気に氷解しました。
> この鳥は秀吉軍が朝鮮から持って帰ってきたみたいですね。日本には九州の北部に居るようです。だから聞き慣れなかったのですね。

デンシリュウさま、すごいです!
鑑識班?それとも音響分析師(みたいなのいましたよね?古手川裕子が演じてた気が)?
今度から鳥の声に気をつけてみることにいたします!


> 今のところヒビンは少女っぽいですが、これがスケバン王妃に変身するのですね。ただ私の基準はこれからもずっと文定王妃です。

変身します!します!しちゃいます!
文定王后はスケバン王妃というよりも極妻王妃です♪



★さららさま、こんにちは!

> 後半の ヒビンを知ってるので
> 今の さめざめ 泣く ヒビンにも あんまり 感情移入できません
> けど ほんと この当時は ラブラブだったんですね~

最初から見てると一応粛宗と恋愛しているので
けっこうヒビンに肩入れして見てしまうんですよねー。
私はひねくれーずだったのでけっこう王妃よりヒビンの肩もってました。
でも王妃のあまりの聖女っぷりに最後には感服いたしましたが・・・
[ 2010/08/19 01:52 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント