*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 1話>

チャンヒビン第1話「王と大妃」

朝鮮王朝19代王である粛宗の時代、王妃(仁敬王后)が天然痘で亡くなりました。
世子嬪を経て国母となり10年経っていましたが、世継ぎはいません。
大妃の明聖王后は、病の殿下には訃報を知らせるなと緘口令を敷きます。
感染を防ぐため、王と王妃が景徳宮と昌寧宮に分かれていたからできたことでした。

訃報を隠せという命に憤る礼曹参判のチョ・サソク(慈懿大妃のまたいとこ)を
礼曹参議のキム・マンジュン(仁敬王后叔父)が諌めています。
チョ・サソクは兵曹判書のキム・ソクチュ(明聖王后のいとこ)とも言い争います。

ここで整理しておくと、粛宗の母である明聖(ミョンソン)王后金氏が「大妃」、
そしてその上のまた上~~の世代にもう一人、「大王大妃」がいます。
この方が、慈懿(じい)大妃とも呼ばれる荘烈(チャンリョル)王后趙氏。
大王大妃は粛宗の先々代の仁祖の継妃(=二番目に迎えた王妃)でしたが、
子どもはできなかったので粛宗と血のつながった祖母ではありません。

王妃の死を知った粛宗は、母の大妃に猛烈に抗議。
思えば父の顕宗が亡くなったときも母はひどい扱いをしたと怒っています。
当時は世子だった粛宗が父のために必死に祈り続けたのに比べ、
母の大妃は冷静な態度だったらしく、粛宗はそれを恨んでいるのです。
当時の政争には大妃の外戚も絡んでおり、それが顕宗を悩ます原因だったため、
粛宗と大妃の間には長い間の確執があるのでした。(韓国時代劇では珍しい?)
そのため自分の代わりにパク宦官を大妃の見舞いに行かせる始末です。

大王大妃は福善君(仁祖の孫。いわゆる宗親)を叱りつけています。
この人たち(南人派)は冷遇される身で、「対大妃(明聖王后)」なんですね。
でも大王大妃は粛宗の前ではやさしいおばあちゃんを演じているようです。
大妃(西人派)は「でっちあげで福善君を謀反に問え!」とキム・ソクチュに命じ、
ついでに南人派も潰してやる!と高笑い。孫子も読んでいて、男勝りな大妃です。
そして福善君は、でっちあげなんかしなくても兵を育てて謀反を企んでいます。

さてここでやっとこのドラマの主役であるチャン・オクチョンの登場です。
オクチョンの母ユン氏がチョ・サソクとデキちゃったらしく、
チョ・サソクの夫人がチャン・ヒョンの家どなりこんできました。
(オクチョンたちは、父の亡き後、父の兄・チャン・ヒョンの家に住んでいます)
ところがオクチョンはチョ・サソク夫人に威勢よく反抗しています。
中人のくせに!と罵られていますが、豪商のチャン家はいい暮らしをしており、
伯父は両班ではないが従一品の宗禄大夫だ!とオクチョンが言い返してます。
その後、身を隠していたオクチョンの母がチョ・サソク夫人に見つかりました。
私は卑しい寡婦だがあの方を心から慕っている・・・と告白します。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 2話>  | HOME | <「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 6話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント