*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 5話>

観音像を割ったのがカラスだとわかっても、清朝にとってカラスは神。
※清の太祖が李成梁(りせいりょう)から追われたときカラスがかばってくれたという逸話があるそうです
神のせいにはできないし、如妃の早産は縁起の悪いことであり
観音像が割れた犯人は誰かのせいにしなくてはならないと
顎(オッ)公公は言います。つまり、素櫻(ソウイン)のせいにされてしまうのです。
安茜(オンシン)は情けをかけてくださいと顎公公に頼み
素櫻と話をしながら自分の手で薬(実は毒)を与えます。
「一時間後には起こしてね、約束よ」と言って素櫻は目を閉じるのでした。

素櫻が処分されたと知ったのっぽの孔武(ホンモウ)は
思わずカラスを討って悔しさをまぎらわせます。
そこへ孫白颺(シュン・パッヨン)が通りかかり、また二人は言い争うのでした。

父がヨモギのお灸の件を告発したのは嘘だと孫白颺は見抜いていました。
そして、父への複雑な想いを妓楼の侍女に打ち明けます。

北京に戻っってきた皇帝は、皇后に会わず如妃(ユーフェイ)のもとへ。
それでも如妃の部屋には泊まらず、側室候補のことに言及し、
他の側室のもとで過ごしました。

側室候補たちが肖像画を描いてもらう日がやってきました。
肖像がは皇帝が見るからとっても大切。そしてもちろんここでも賄賂が大切。
絵師に渡すチップの金額によって出来が異なるのです!
玉瑩(ヨッイン)はたくさんチップを使ったはずなのに
爾淳(イーソン)らがそれ以上のお金を絵師に渡して醜く描かれました。
ところがその玉瑩の肖像画を小禄子(シウロッジ)が水に濡らしてしまい、
安茜の考えでこっそり美しく描きなおされます。
玉瑩の肖像画を見た皇帝は興味をもったもようです♪

祭祀に側室候補が呼ばれることになりました。
爾淳(イーソン)たち3人組は、玉瑩の実物を皇帝に見られたらマズイ!と、
洗面器に劇薬を仕込むことを考え付きます。
いざその洗面器が玉瑩の部屋に運ばれるも、玉瑩は倒れてしまいます。

祭祀に玉瑩が参加してないと知り、皇帝は残念そう。
かわりに沅淇(ユンケイ)に目を留めたのか、彼女の名を尋ねました。
スポンサード リンク
<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 6話>  | HOME | <「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 4話>

スポンサード リンク


こんばんは~

このドラマ、セット感満載なところがチープで昼ドラ感があり面白かった
のですが、素桜の死はなんか今まで見た中で一番「アッサリ」終わって
しまい・・・

アレレ?とちょっと拍子抜けしました。宦官養女3姉妹が、早くももう仲間
われで、また後に玉瑩の抜け目のなさがわかるみたいですが、いつ
もっと本格化するかなーと思いながら見ています。

やはり香港ドラマと大陸(繋がってますが)ドラマは違うのかな~とカル
チャーギャップです。香港ドラマは軽くて展開が早い・・^^
[ 2009/03/30 20:18 ] [ 編集 ]
黄梅さん、こんにちは!

> やはり香港ドラマと大陸(繋がってますが)ドラマは違うのかな~とカル
> チャーギャップです。香港ドラマは軽くて展開が早い・・^^

とても以前にどなたかのレビューでも
香港ドラマはちょっと違う~
みたいなのを読んだことがあります。
やはり本土とは違うのでしょうか。

お金もありそうだし流行的にも進んでそうだから
より華やか&軽いという感じ???
[ 2009/03/31 22:14 ] [ 編集 ]
うめ子さま こんにちは!

個人的感想ですが、香港ドラマはどろどろさが少なく軽くて
急展開でエンターテイメント性には優れている気がします。
(自分の好みが大陸版なので、偏った意見ですが)。

これも邪推なんですが、香港時代劇のセットって小規模なのが
多くて(映画だと違うのに)、ロケ地となる旧邸や庭園が豊富な
大陸との差かなと思っています。香港にロケ地が少ないのかは
知らないんですが、傾向はあると思います。

野外の草原、山地のシーンなんかも香港だとロケ地が限られる
のか、大陸版よりちょっと見劣りするかも・・・。もちろんドラマごと
の予算にもよるんでしょうけど^^

このドラマの清朝宮廷衣装は大陸版でも見かけるフィクションで
すが、それに比べてもド派手です!最近の流行みたいですけど
ね~。もう少し地味なくらいが好きなんですが・・パステルカラーの
洪水はちょっと飽きました笑。髪型と衣装、どっちかだけれも
もっと控えめに・・なんて。
[ 2009/04/01 14:55 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント