*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 2話>

出入り禁止の部屋に迷い込んだ玉瑩(ヨッイン)の前にある宮女が現れました。
彼女の名は安茜(オンシン)。側室候補を世話するベテラン宮女です。
ここは怨念がこもった部屋で立ち入り禁止だと玉瑩に教え、
おびえる玉瑩の顔に悪霊よけの呪文を書き、灯篭をもって歩かせます。

ところがその途中で池に落ちて大騒ぎ。
夜風にあたりながらお茶を飲む側室・如妃(ユーフェイ)と出会ってしまいました。
そこへ宮女の安茜(オンシン)と汀蘭(ティンラン)が現れ
自分たちの責任だと謝罪して事なきを得ますが、如妃は安茜だけを引き止めます。
そつのない応答を繰り返す安茜に、小芝居はおやめ!と一喝。
玉瑩の罪を軽くするためにわざと自分と会わせたのだろうと言い当てます。

鐘粋宮(ジョンソイゴン)に戻った安茜は文句を言う玉瑩を諌め
今は側室候補にすぎないのだから自分の言いつけを守れと女性たちを指導します。

爾淳は、側室候補の沅淇(ユンケイ)と淑寧(ソッリン)とお茶を飲んでいました。
実は淑寧・爾淳・沅淇の3人は、側室となるために徐公公夫妻に育てられた養女。
表向きは玉瑩と仲良くしながら、淑寧たちと組んで玉瑩を陥れるつもりなのです。
当の徐(チョイ)公公は、横領がバレた玉徳(ヨッタ)と付き合いがあったため、
養女たちが権力を握るのを急いでいました。

皇后から命じられた孫大人は妊娠中の如妃を黙々と診察しました。
その後、具合が悪くなった如妃は孫大人ではなく
孫白颺(シュン・パッヨン)を呼び診察させると胎位に問題があると言われます。
そのころ孫大人は、如妃の胎位に問題があると皇后に報告していました。
そこへ孫白颺が割り込み、如妃には何の問題もないと告げます。
二人は皇后の前で言い争った末、孫白颺が如妃の担当医になりました。

のっぽの孔武(ホンモウ)と小太りの陳爽(チャンソン)は、
宿で賭けをもよおして大ツキ中。大金をがっぽり手にして宿を出たら
賭けに負けた銭(チン)の一味から身ぐるみはがされてしまいます。
玉瑩からもらった紹介状をもって玉瑩の叔父の家に行っても誰もいません。
側室候補を送るためになくした貢物を賠償しろと言われ八方塞がりです。
再び宿に戻ると銭(チン)に出会い、大立ち回りをして宿を追い出されました。
そこへ宿へ戻ってきた男がお金を投げ与えます。
その男は、如妃を診察していた孫白颺でした。

孔武は破れた服の中から美しい刺繍がほどこされたハンカチを見つけます。
古着屋で買った服の中に入っていたものでした。

川で溺れていた男を孔武が救うと、貢物を賠償しろと言った役人でした。
彼のツテで二人は紫禁城で働くことになります。
スポンサード リンク
<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 3話>  | HOME | <「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 1話>

スポンサード リンク


うめ子さまこんんちは!

さっそく「紫禁城 華の嵐」見てみました。原題は「金枝欲ナントカ」でした。
原語はやはり広東語だったので、字幕もありますが、慣れた北京語音声
で聞いてしまっています・・(大陸製の北京語宮廷ドラマに慣れすぎて)。

「張禧嬪」は見終わり、「王と妃」も終盤で、「女人天下」しか楽しみがなく
なるかなあ~と思ったら、これなかなかいいですね^^今のところ如妃と皇后
の因縁対決のあたり興奮しました。

史実と違うじゃんとつまんないツッコミもしてしまいつつ、満喫しています!
また清朝好きな私には久々の旗人(貴族)名字ってだけでドキドキです!
(玉瑩の「蘇完尼瓜爾佳」とか、淑寧、沅らの名字もたまりません)。

考えたら嘉慶帝の時代の後宮ドラマは見たことがなく、すごく楽しみです。
うめ子さんのレビューも楽しみにしております!個人的に安茜がどうなるか
・・今後も活躍するかいきなりいなくなることはないよな。。やきもきします。
[ 2009/03/29 12:07 ] [ 編集 ]
黄梅さまこんにちは!

紫禁城の視聴、はじめられたんですね。
北京語でみられる黄梅さん、すごいですね~!


> うめ子さんのレビューも楽しみにしております!個人的に安茜がどうなるか
> ・・今後も活躍するかいきなりいなくなることはないよな。。やきもきします。

安茜は後々わりと大胆なことをやってのけますよ~お楽しみに♪

紫禁城のあらすじアップはするつもりです!
でもチャンヒビンや王と私に手がとられてしまって後回し状態・・・
気長にお待ちくださいませ♪
[ 2009/03/30 01:28 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント