*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「ファン・ジニ」あらすじ 12話>

ファンジニ第12話「剣の舞」

王族ピョクケスにみずから共寝を申し出たミョンウォル(チニ)でしたが、
二人きりになると「自分がピョクケスを買うのだ」と言い恥をかかせます。
宴で商人にコムンゴを聞かせられなかったのを怒っているのか?と聞かれると、
商人も大切なお客さま、身分が卑しくても耳が卑しいとは限らない、
富や権力でどうにもならないこともあるのだとミョンウォルは答えました。

伝説の「剣の舞」を3カ月後に披露することが決まりました。
女楽メヒャン行首の指導で舞が成功すれば松都教坊ペンム行首は退妓することや、
反対にメヒャン行首が負けたら女楽の行首の座をペンム行首に明け渡して
さらにミョンウォルが官婢になるという約束が取り交わされます。
負けたら官婢になるのよ!と母ヒョングムが止めても、勝負に挑むミョンウォル。
ところが!!他の人の前で舞ってほしくないというウノの願いを胸にしまい、
5年間踊っていなかったミョンウォルの久しぶりの舞はひどいものでした。
メヒャンは一月以上もの間、ミョンウォルだけを相手に特訓をほどこします。

ミョンウォルに才能があるからペンムが「鶴の舞」を教えていたのだと話すタンシム。
焦ったプヨンが、鶴の舞を教えてください!とペンム行首に頼むも軽くあしらわれ、
一カ月以上も教坊に戻ってこないメヒャン行首を呼び戻しに行くと、
ミョンウォルの舞とそれを指導するメヒャンのうれしそうなようすに驚くのでした。

ピョクケスは“共寝”のことをミョンウォルが漏らさないよう財宝を贈りました。
それをミョンウォルに突き返され、面目丸つぶれのピョクケスが怒っちゃいます。
ミョンウォルのことが気になって仕方ないようすだったキム・ジョンハンでしたが、
贈り物が運ばれるところを見て二人が枕を共にしていないと悟りました。
ある夜、舞の練習にはげむミョンウォルを見かけたキム・ジョンハンが、
彼女を狙う罠が仕掛けられているのに気づき、ミョンウォルに飛びかかります。
スポンサード リンク
<「ファン・ジニ」あらすじ 13話>  | HOME | <「ファン・ジニ」あらすじ 11話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント