*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 13話>

第13話「ムブルの死」

側室インビン(仁嬪)は、宮殿でケシとイ・イチョムが喋っていたと指摘。
生意気な答えを繰り返すケシにインビンは怒り、オム尚宮がとりなします。
ケシは東宮殿に行くと、インビンは新王妃側につくから警戒しろと忠告しました。

多くの臣下たちが次の権力者となるキム・ジェナム宅に集う中、
ホ・ギュンは僧侶に化けてイ・イチョム宅を訪問。
皇太子のために“庶子差待”をなくさなければと言います。

複雑な世継ぎ問題のある宮廷の年の離れた王へ嫁ぐウナの身を心配する両親に、
道理に従って生きますと凛としたウナ。最後の夜は母親や下人に礼を述べます。
そして親迎の礼(婚礼)の日、激しい雷雨となりました。
王ソンジョ(宣祖)は延期を命じますが、
その実、家臣たちが中止の取り消しを求めてこない!と立腹中です。変なの~
気まぐれな王の胸中を読んだ家臣があわてて中止の取り消しを求め、
そのうち雨もあがり、無事に婚礼が済みました。
ソンジョは若く美しい王妃にご機嫌。正室の子をつくるために“頑張ちゃって”ます!

ムブル和尚は、ケシやウォンピョの行く末を心配しながら息絶えました。
カン氏(ケシの母)は、ウォンピョの将来をヤン主簿に相談します。
ウォンピョは宮廷の護衛になりたいと頼みますが、叶えられません。

ケシはある女官の弱みを握り、中宮殿の目と耳となるよう脅しています。
とっても嫌な女に成長してます!
スポンサード リンク
<女人天下でちょっぴり不思議発見>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 12話>

スポンサード リンク


重ねて失礼します^^

宣祖は、うめ子さまもお書きになっていましたが、ほんとむら気ですね。
チャンヒビンや史書を見ても粛宗は後宮ではアレだけど政治的にはま
だ策略家という感じですが、ここでも「王の女」でも宣祖はどっちでも
気分の変わりやすいコワイ王様って感じです。怒鳴り声ばかり(笑)。

「王の女」「張禧嬪」ではパク・ソニョンの肩露出が多くサービスかっ!と
思いましたが、ここではヨンエ入浴シーンですね。私も気になりました。

また「女人天下」の大妃さま(イ・ボヒ)がウナで仁穆王后って、女優さん
の実年齢を考えてもすごい設定ですねー。「女人天下」のチョン・インファ
さんの時も他の側室より年下に見えないなあ、嫁入り前がムリだなあと
思ったものですが、ここでもイ・ボヒさんなかなかですね。

大好きな女優さんなんですけど^^
しかもケトンに川に突き落とされてるし。そこまでするかという。
このドラマは川や入浴シーンが多いですね。ヨンエの悪役顔も思わず
キャプチャしてとっておいてます。
[ 2009/03/29 12:18 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ。

そうそう、宣祖はなにかにつけてすぐに怒るので
見てるこっちもちょっぴりイラっとしたりします。

粛宗はうまく状勢を利用して臣下をおさめている感じですよね。
女人天下のなさけない中宗を150話×2回見てしまった私には
かなり上出来な王に見えてしまいます。


> また「女人天下」の大妃さま(イ・ボヒ)がウナで仁穆王后って、女優さん
> の実年齢を考えてもすごい設定ですねー。

ええ、いくら時代劇では年齢に目をつぶるとはいえ
このときのイ・ボヒはすごい違和感ありましたよね。
女人天下でのチョン・インファさんの嫁入り前時代なんか
かわいいもんだと思いました。
さすがに入浴シーンは・・・って感じでしょうか。(爆!
[ 2009/03/30 01:33 ] [ 編集 ]
うめ子さま こんばんは^^

宣祖、怒鳴り声が耳に残りますよね。
「最強チル」なんか見ても、仁祖もそんな感じでした。
(父王による世子毒殺疑惑があるので、演出なのかもしれませんが)。

「王と妃」では世祖が出てきますけど、彼も甥っ子から王位を奪ったくら
いのパワーのある人で(しかも「王の女」の宣祖と同じイム・ドンジン)、
怒鳴ってばっかりですんごい怖かったな・・・。

なので「祖」のつく王様はコワイ、という黄梅独自基準が出来つつありま
す。ここでも取り消しを求めない臣下に怒るなんて、子どもじゃないんだ
から・・・と私もイライラっと(笑)。

女人天下の中宗は臣下に擁立されただけに弱気ですね~
漂うヤケクソ感が見ていて面白いです。文定王后や敬嬪に完全に手玉
にとられてる感じだし・・・。宣祖の時代に張禧嬪がいたら、とか考えて
楽しんでいます(惚れあうことはないか・・)。

[ 2009/03/30 20:10 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント