*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 7話>

第7話「運命の出会い」

オム尚宮が寺から帰る途中、ちょうど喉が渇いた頃に、ケトンが現れます。
水を用意して待ち伏せしていたケトンの賢さ評価し、宮へ連れ帰るオム尚宮。
側室インビン(仁嬪)もケトンの素質に感心し、しっかり育てるよう命じます。
ケトンはケシと名付けられ、オム尚宮らによるスパルタ教育が始まりました。

イ・イチョムは昏睡状態となった母の口に自分の血を垂らし意識を取り戻させます。
孝行者として後世に知られているエピソードのひとつでしょうかね。

王ソンジョ(宣祖)はますます皇太子に辛く当たり政治上の意見も合いません。
落ち込む皇太子クァンヘ君(光海君)は、転んで足をくじいたケシと出会います。
背負ってくれる男性が皇太子と知って、ケシは驚くのでした。

皇太子の兄イムヘ君(臨海君)は町の酒場で飲んだくれ(一応王子なのに!)、
客たちから“シメ”られようとしたところを通りかかったハサムたちに助けられ、
宮殿まで背負って連れて帰ってもらいました。

寺に残されたウォンピョはケシがいない寂しさに落ち込み
宮殿の塀を乗り越えましたが、直後に捕まっちゃいました。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 8話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 6話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント