*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 6話>

第6話「オム尚宮との出会い」

軍を強化したほうがいいと意見を述べる皇太子クァンヘ君(光海君)に
兵を増やしても国庫も尽きていて食料もないし給料も払えない!
倭国と講和を進めている最中なのに! と怒る王ソンジョ(宣祖)。
対する皇太子は、相手に弱みを見せてはならないと主張します。

イ・イチョムは、皇太子を励まし、新しい主人が必要だと大胆な発言。
皇太子が権力を握ったときに重臣となることを狙っているようです。

王ソンジョが倒れてしまいました。すぐに意識を取り戻しますが
側室インビン(仁嬪)は「皇太子は平然としていた」と王に嘘を吹き込み
王は激怒します。混乱多き時世を治めるこのセンジョは、
“むら気”な王という評価もあるそうです。確かにいつも怒ってますね。

ユジョン大師と倭将・加藤清正の講和が決裂しました。
これは、戦がまだ続くことを意味します。

側室インビン付きのオム尚宮は、祈願のためにムブル和尚の山寺を訪れます。
和尚ったらオム尚宮に「以前より太られましたね。お水で?」とシツレイ発言。
オム尚宮はお笑い担当なんですね♪
賢そうなケトンを見たオム尚宮は、ケトンを宮廷に入れたいと和尚に頼みます。
宮廷に入れば綺麗な服が着られる!と、ケトンも宮廷入りを希望。
しかし和尚は、ケトンにはまだ苦労する必要があると断りました。

その夜、ケトンはお寺を抜け出し、山小屋で一夜を明かします。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 7話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 5話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント