*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 66話>

世継ぎを元子に決めるつもりの中宗が、ニッコニコと上機嫌で中宮殿へ。
元子の泣かせる答えを引き出した「大切な食べ物は?」の質問もほめてくれます。
後宮と朝廷がごちゃごちゃ言わないうちに早く結果発表するべきです!と
賢い王妃(文定王后)がせっかく適切なアドバイスをしてあげたというのに、
中宗がのんびりしているものだから反元子派の面々があれこれと画策を開始。
左議政ナム・ゴンとホン・ギョンジュ(南陽君)の接近を知ったパク・ヒリャンは
すぐさまキム・アンロ=キム・アルロ(希楽堂)に報告しに行ってまーす。

試験問題が事前に漏れていたから冊封を遅らせてください!と反元子派が意見。
続いて敬嬪は「漏洩問題はどうせ暴けないから再試験を要求しろ」と指示します。
事実、試験問題は中宗からキム・ホン輔養官(元子教育官)に知らされており、
王妃は試験の最中からそのことを見破っていましたが中宗はシラを切りました。
おなかの龍種を守るためには元子を世子にしなければ・・・!と意を決した王妃は、
公論など聞かずに元子を早く世子に冊封してください!と中宗に泣いて直訴。
王妃の本心なぞ想像できない中宗は大感激して王妃を抱きしめちゃいました。
それほどまでに元子への愛情が深いのだ・・・と大妃(貞顕王后)も涙ぐみます。

このたびの王妃一族の協力にとても感謝している単純な判府事ユン・イムを、
絶対にウォンヒョンらを出仕させてはなりません・・・とキム・アンロは諌め、
大君を産んだら未来の脅威となる王妃を今のうちに廃庶人にしようと企みます。
判府事ユン・イムの態度からそれを感じ取った王妃は手土産を突き返すと、
元子が世子になったら私を王妃にしてくれた恩返しは終わりですね!?と一喝。
坡平ユン氏一族内の骨肉の争いが幕を開けた瞬間でした。ジャジャ~ン!!

男装姿のヌングムがチャン・デインと明へ出発し、キルサンが泣いて見つめます。
一方、ユン・ウォンヒョン承候官が革靴屋おじさんにナンジョンの行方を聞くと
「側妻として大切にするなら居場所を教えるが張子房にするなら教えません」。
尼を囲うことになるのかっ!?とウォンヒョンがぶつくさ言いつつ山寺へ行くと、
どなたですか?(フフンッ)とナンジョンに冷たく聞き返されるのでした。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 67話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 65話>

スポンサード リンク


こんばんは!

世子試験のときのキョンビンは思い込みが強くて
うめ子様がおっしゃるとおり読みが浅いのでは?

なぜ福城君が擁立と信じきってるんだろ?と思い
ましたが(相当な自信家なのか・・・明から承認さ
れないはずなんですよね)、元子が世子内定して
も全くあきらめませんね。むしろ燃えてるし!

私もこのへんのナンジョンの懊悩はどうでも・・(爆)
モリンも出てきたかと思ったら数話放置だし、把握す
るのが大変なドラマと感じてますー。ナンジョンがもう
王妃様ストーカーにしか見えません!

ナンジョンはもちろんそうなんだろうけど、むしろオム
尚書なんかのほうが王妃様の片腕のよーな気もし
ないでもないです(権謀と生活サポートと全く違う
職務ですが・・オム尚書のほうを信頼してるように
見える)。

それからペク頭領が「お父さん」に見えて仕方ない
私です。ディンがはじめヌングムに「ウォルヒ」とよび
かけたのは、ペク頭領の娘の名前だったんですよね。
でも自殺した話はペク頭領のうそなんですよね??
半ば混乱。。

>キルサンのことも忘れなければなりません

キルサン、旅立ちこっそり見送って涙していましたね。
ヌングムはしばらく明で出番がないのかな?

>ユン氏内の骨肉の争いの幕が開けます

乙己子禍(字、合ってるかな・・)というやつですか?
大尹派と小尹派?それはもっとあと?「実録」をよん
で、明宗までの時代が外戚専横期で、宣祖から朋
党政治期に移行、と読みなるほどーと思いました。

今まで朋党政治の時代劇ばかり見ていたので。。
ヒビンとか王の女とか。

またたとえ話が老けているとのことでしたが、ナンジョン
を諭す王妃様の「にわか雨のような聡明さが・・・、静か
な川の流れに・・」というのがお気に入りです。日本語に
するとよくわかんないですね(汗)。このあたりは王妃様
がかっこよくて、惚れ惚れしてしまいました!

しかしナンジョン、砒素を川に流したら、少量でも魚がし
ぬとか・・・処理方法まで過激な女性だと思いました。

むくむく元子のかわいさにも開眼、尚書におんぶされて
寝ている姿にきゅんとしてしまいます。

また字幕、てにおはの間違いが目立ってきて、助詞が
おかしいです。それ以外はたまに受身が間違ってる
くらいですが・・あと王様のお部屋を「便殿」としてあり、
「王と私」のように大殿って言ってくれたほうがそれっぽ
いなあなんて思うのでした。

よくわかっていなかったんですが、王妃実家の♂たち、
みなさんまだ出仕してなかったんですねー!それは
驚き。王妃父が紫の服なのは府院君だからなんで
しょうか、兄たちは明らかに低い官職の色だなとは
思ってたんですが。。

ちなみに上のお兄さんも○×されるんですか?
実録で読み驚きです!
[ 2009/08/13 22:03 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~


> なぜ福城君が擁立と信じきってるんだろ?と思い
> ましたが(相当な自信家なのか・・・明から承認さ
> れないはずなんですよね)、

私も不思議でした~。だいたいルールからいくと嫡子尊重らしいのに
なぜそこまで自信マンマン?と疑問ですよね。


> ナンジョンがもう王妃様ストーカーにしか見えません!

その認識で合っていると思いまーす!


> でも自殺した話はペク頭領のうそなんですよね??
> 半ば混乱。。

自殺した話は本当なのです。でも自殺に追いやったのは
金のために娘を大監に抱かせたペクなのです~


> 明宗までの時代が外戚専横期で、宣祖から朋
> 党政治期に移行、と読みなるほどーと思いました。

すごくわかりやすい説明ですね!
たしかに「王と私」や「女人天下」では外戚が、
「王の女」「チャンヒビン」などは党派が
王室や後宮に絡んでますよね。


> また字幕、てにおはの間違いが目立ってきて、助詞が
> おかしいです。それ以外はたまに受身が間違ってる
> くらいですが・・あと王様のお部屋を「便殿」としてあり、
> 「王と私」のように大殿って言ってくれたほうがそれっぽ
> いなあなんて思うのでした。

ああ、やっぱり間違いが目立ってきましたか!
完全に直しきれていないのでしょうか。
便殿は便殿のままと聞いてちょっぴり安心です。
(あらすじを「便殿」で書いたので)


> ちなみに上のお兄さんも○×されるんですか?
> 実録で読み驚きです!

そうです!されちゃいます!ほんと、食うか食われるかです!
[ 2009/09/11 00:16 ] [ 編集 ]
Gyaoで見直し中です。ナンジョンのめんどくさいとこは思い切りはしょりつつ。

サンテレビ視聴時、前半1/3位見れない日が多かったので、
各回のはじめの方見ると結構発見あります。
中宗が元子に問題伝えてる場面なんて、全然見てなかったので、そうかこんな風に…、と納得したり。

最後を知って見ると、この段階で徳興君がさりげなく持ち上げられてますね。
キョンビンの不屈さとダメだと判断した途端に次の手を打つ早さとか、すごいですね。
この判断の速さを中宗に分けてあげたい…。
個人的には、南陽君ががっくりしてる隣で、
「クムォン君の答えが一番よかった」って、うきうきしてるヒビンがかわいいです。
この脳天気な親子が気に入ってるんですが、なかなか出番ないですね。

見た目では、やっぱり元子が一番かわいらしい。むくむくもですが、歩き方とか。
あの黒いお帽子(なんて言うんでしょう?)姿もそろそろ見納めです。
[ 2011/02/17 01:06 ] [ 編集 ]
天鼓さま、こんにちは♪コメントありがとうございます。

3分の1見れなかったらかなりおいしい場面も見逃しているはずですね。
再視聴できてなによりです!


> 最後を知って見ると、この段階で徳興君がさりげなく持ち上げられてますね。

そうなんですよー。
このドラマってえげつないですけど、
未来の王とその母のことは「落とさない」んだなーと思ってました。


> この脳天気な親子が気に入ってるんですが、なかなか出番ないですね。

わたしもかなりお気に入りです。ラブリーですよね♪
南陽君の方は「王と妃」でもちょっと似たところのあるキャラだったので
内心クスリとしながら見てました。
[ 2011/08/11 21:35 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント