*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 58話>

王世子冊封が迫るある日のこと、中宗は中宮殿ではなく敬嬪の部屋を訪ねました。
敬嬪が愛する息子・福城君の聡明さを、ここぞとばかりに中宗にお披露目します。
自分の出産を待たずに王世子が決められるのを王妃(文定王后)は恨めしく思い、
王妃様の大君を必ずや世継ぎにする!とナンジョンが山寺で誓うのでした。

しつこい敬嬪が「どの王子を推してくださるのですか?」と王妃に訊ねました。
直系の大君は元子だけ!私が福城君を推すなどと思うな!と王妃はピシャリ。
けれども敬嬪は、王妃が元子を推しても意味はないと食い下がって説得します。
「キム・アンロ(希楽堂)と判府事ユン・イムは後で王妃様を警戒するはず!」。
その希楽堂とユン・イムが王妃の実家にやってきて、元子の後押しを依頼。
協力を約束するユン・ウォンヒョン承候官ですが、内心では釈然としません。
商人ペク・チス頭領の仲介でチャン・デインを王妃に会わせることにしました。

王妃の子が世継ぎになれないなら他の王子につこう!と単純な王妃長兄ウォンロ。
熙嬪父のホン・ギョンジュ(南陽君)に頼まれ、錦原君を推すことにしました。
左議政ナム・ゴンの立派な手下となったパク・ヒリャンは、儒生を取りまとめ中。
彼との仲を父上が認めてくれるまで・・・とオンニョンは母の実家に行きます。
チョン・ユンギョムは中宗から手を握られ、王世子の護衛を頼まれました。

占い師のパンおじさんが、敬嬪と王妃の四柱を占って「こんなん出ました~」。
敬嬪は“鼠のせいで母親と息子に害を被る”、王妃は“天下を掌握する”とか。

山寺から戻り、希楽堂たちの動きを知ったナンジョンは「王世子冊封を防ぐ!」。
十数年待った後宮を一度に倒せるわけがないと考えて静観するつもりの王妃に、
王妃様は元子ではなく福城君(敬嬪の息子)を推してください!と提案しました。
嫡子でなく側室の子である福城君はどうせ明から世子の承認を得られない、
だから王妃が大君を産んだら後から世継ぎに変更できるという理由からでした。
ですが敬嬪がすでに明の巨商を介して明にわたりをつけていると知るとびっくり。
中宮殿を出たナンジョンは元子の姿を初めて目撃し、じっと見つめてます・・・。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 59話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 57話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント