*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 53話>

婚礼の夜、ついにナンジョンとユン・ウォンヒョン承候官がアハ~ンと合宮!
ウォンヒョンが自分に惚れているのは「張子房」ではなく「楊貴妃」としてだと
枕を共にする前に確認したナンジョンがとーっても満足そうな表情でしたよ。
「ナンジョンは兄上と家門を守る犬。兄上が出世したら煮ても焼いてもよい」。
合宮をキャンセルされた正妻キム氏は王妃(文定王后)の言葉を思い浮かべるも、
二人の睦み合う声を振り払うように夜中に行水して泣いています。可哀想です。
キルサンは明かりが消えた部屋を見つめ、こぶしを震わせながら涙しました。
(それにしても「合宮」って言葉、とてもいいですよね♪気に入っています)

婚礼後三日間もラブラブに過ごしたナンジョンとウォンヒョンが王妃に拝謁。
その帰り道、ナンジョンは一人で宮殿へと引き返し、今後の相談をします。
王妃が産むかもしれない大君を警戒する重臣たちが一時的に結束していることや
急いで元子を講学廳で学ばせようという動きがあると知ったナンジョンは、
お腹の子のために敬嬪に手を差し伸べてくださいと王妃に進言しました。
次にナンジョンは、粉薬を見つめてよからぬことを考えている敬嬪の前に参上!
ナンジョンが王妃兄ウォンヒョンの側妻になったと報告して敬嬪を驚愕させます。
王妃様が差し出してくる手を握るようにと説得してくるナンジョンに、
父の都摠管を釈放してやったのだからお前も私を助けろと念を押す敬嬪でした。

王妃の懐妊が嘘だというウワサを流した犯人を突き止めるために、
敬嬪付きのクムやヒ嬪付きのヒャンなど後宮の女官がぞくぞくと捕らえられます。
全員が下着姿♪♪♪で整列させられ、ビシバシと棒で叩かれていますよ!

婚礼の日に世話をしてくれたお礼にと髪飾りをメヒャンに贈るナンジョン。
これまでメヒャンから貰いっぱなしでしたがやっとお返しできましたね♪
パルングン(巴陵君)の件で傷心の母チャウンはシムトゥンとお寺へ行ったそう。
キルサンを助けたいヌングムは、指に小刀を振り上げ、ペク頭領に止められます。
ある日、校洞(キョドン)にある王妃の実家にナンジョンがやってきました。
いきなり「お義父様」と呼ばれて王妃父ユン・ジイム(府院君)はびっくりです!
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 54話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 52話>

スポンサード リンク


こんばんは^^

結婚して第二部突入、という感じでしょうか(笑)
台湾版の印象だと、女人天下は50話ずつうまく
別れているように思えたので。キョンビン様の
「メヤッ」を満喫している最近です!

>兄と家門を守る犬
>行水して泣いてます。可哀想です。。。

王妃様も金氏に結構冷たい(厳しい?)ですね。
おとなしいだけの正室ではおろかな兄を支えられない、
家門を、自分を守れないと思ったのでしょうか。この家に
嫁いだ金氏がほんとーに可愛そうです・・・

「使い終わった後は、ナンジョンを好きに処分」とはいって
も、結局ナンジョンにやられちゃうわけだし。とほほです・・。
キルサンもあきらめてヌングムにいけばいいのになあ・・。
指を切り落としてチャンディンの弟子にまでなろうとしてる
ヌングム、ひそかに応援しちゃいます。

余談ですが結婚式用の鬘、えらく簡単に外れましたね。
あれでお辞儀できるのが不思議ですー。また結婚式時
の音楽ですが、OSTで「恨500年」というタイトルだったの
で、「結婚式で恨??」とびっくりです。

ナンジョンだけでなくウォンヒョン兄さんの入浴シーンといい
二人のベットシーン(金氏の想像ですが)といい、なんだか
ビジュアル的にぱちくりした回でした・・。そして皆様仰るよ
うに、ナンジョンと王妃様の絆ってちょっと?というのがこの
へん?と何となくわかってきました。「犬」ですもんねーそれ
も愛が感じられないし(><)

>全員が下着姿♪で整列させられ、ビシバシと棒叩き

「王と私」だったかな?でも女官が下着で折檻されてま
したが、ここでも同じ感じですね。下着姿!余談ですが
中国時代劇でも同じ体勢(うつぶせ)での棒たたきが
刑罰だったり拷問なのですが、うつぶせになる台がi字
型で手は後ろでに縛っているので、韓国式のt字型は
手が(少しは)ラクなのかなー、なんて思います。

煕嬪づきの子はヒャンという名前なんですね!

>冊封されてしまってはたまらないのは敬嬪も王妃も同じ

このあと二人女の子を産んで、33歳で明宗産むまで長い
んですよね。当分楽しめそう♪中宗、九男十一女の子とは
壮観ですね。育った子が揃っただけでも試合できますね。

しかし王妃に「大君を産んでくれ」というあたり、うーん・・
王妃様の野望が明らかになるとだんだんインファさんの
魅力が増してきました!怖いし元子かわいそうだけど。

台湾版(北京語)では、甲高い声の女性が好まれるので、
韓国版のオリジナル音声は女性陣の声がそれらより低く
て落ち着きます。話し方も、北京語はちょっと気取った風
なので、韓国版のドスの聞いた話し方がいいですね!

うめ子さまも仰っていましたが、女官姿のような垂れ髪の
似合う人と、カツラつきの結髪が似合う人といますね。
ナンジョンは後者だと思いました!ナンジョンの髪飾りや
衣装がどんなか、変化するのかも楽しみにしていますー。

韓国も妻妾同居のイメージがあったんですが、ここでは
ナンジョンは別宅のめかけなんですね。しかも金氏より
ナンジョンのほうがかつらが豪華な気がするんですが。
さすが主役?

私なら10ヶ月、産まれるのが男か女かやきもきしてたら
本人でも周囲でも精神がまいっちゃいそうです!


[ 2009/08/07 21:19 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ!

敬嬪の「メヤッ」を満喫されているようでうれしいです。


> キルサンもあきらめてヌングムにいけばいいのになあ・・。
> 指を切り落としてチャンディンの弟子にまでなろうとしてる
> ヌングム、ひそかに応援しちゃいます。

私は個人的にヌングムもキルサンも結構どうでもいいのですが、
二人はくっついちゃえばよかったのにと思います。


> また結婚式時
> の音楽ですが、OSTで「恨500年」というタイトルだったの
> で、「結婚式で恨??」とびっくりです。

大笑いしました!!
恨ですか・・・・
「女人天下」っぽくて素敵ともいえますけど、すごいですね。


> ナンジョンだけでなくウォンヒョン兄さんの入浴シーンといい
> 二人のベットシーン(金氏の想像ですが)といい、なんだか
> ビジュアル的にぱちくりした回でした・・。

ナンジョンの不自然な「アッハーン♪」なベッドシーンは
背筋が寒くなるくらいに見たくなかったです。わざとらしすぎ!


> 刑罰だったり拷問なのですが、うつぶせになる台がi字
> 型で手は後ろでに縛っているので、韓国式のt字型は
> 手が(少しは)ラクなのかなー、なんて思います。

私も拷問されるならT字型を希望いたします!


> 煕嬪づきの子はヒャンという名前なんですね!

そうみたいです。最初のうちは「ヒャン」と呼ばれてて
その後になると「チョン尚宮」と呼ばれているので、
フルネームだと「チョン・ヒャン」なのでしょうか??
[ 2009/08/23 23:24 ] [ 編集 ]
 あちこちで再放送中ですがふいに最初のほうを見たくなって録画していた
短縮版ですが見直してます。
 この回で女官を次々捕らえていくとこでクムが悲惨な捕まり方をしていたのに
びっくりしてました。
 なんだか「休憩♪休憩♪」みたいに軽やかに走って外に出ようとしていたところを
王妃の尚宮が捕まえますがその際頭をベンベン叩かれた上にキックを2発も(汗
 厳かなイメージの王宮の女官が結構ワイルドです。
 大体厳しいお仕置きは棒叩きが定番ですがこの頃はビンタの嵐もあったんですね。
 
[ 2010/07/23 08:29 ] [ 編集 ]
えりこさま、ようこそいらっしゃいませ~♪

>  この回で女官を次々捕らえていくとこでクムが悲惨な捕まり方をしていたのに
> びっくりしてました。

ナンジョンからは馬鹿にされっぱなしで最後は女官仲間に裏切られ、
クムは最初から最後までカワイそうなことが多かったですね・・・(しみじみ)


>  厳かなイメージの王宮の女官が結構ワイルドです。
>  大体厳しいお仕置きは棒叩きが定番ですがこの頃はビンタの嵐もあったんですね。

そうなんですよね~。お仕置きシーンは毎回みのがせません(爆)
このドラマはビンタも多いですね。
発生場所はおもに敬嬪とナンジョン実家ですが。
クムが王妃の懐妊をしらせただけで叩かれていたのにはびっくりした記憶が・・・  
[ 2011/01/31 02:39 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント