*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 46話>

敬嬪様には失望しました!父をネタに私を操れるとでも?とナンジョンが抗議。
かつて敬嬪様は内需司の不正事件で実父パク別坐の追放を願い出ましたよね?
私だって野望のためなら父の処分になど目をつぶります!と畳みかけます。
王妃の懐妊が嘘だと御医に聞いた!お仕置き事件も演技でしょ?と敬嬪が迫ると、
ナンジョンは内心ギクリとしながらも「御医が尚宮の脈を測った可能性」を指摘。
結局は、父を解放してくれれば敬嬪が危機のときに助けるからと持ちかけます。
ついでに帰り際には「承恩をうけて内命婦になれる人相」と言ってクムを喜ばせ、
「でも寿命はまっとうできない」とオチをつけておちょくってから去るのでした。

なぜ診脈させたのです?敬嬪は簡単に騙せません!と文句を垂れるナンジョンに、
王妃(文定王后)が語った三人の嬪についての批評がおもしろかったですね。
昌嬪は自分の道をわかっていてはみ出すことのない賢明な人(お気に入りなので)、
ヒ嬪は何事も自分に都合よくとらえる大らかな人(めでたい人という意味ですね)、
敬嬪は賢いが野心に溢れていて自分が頂点でないと気がすまない偉人だそうです。
とりあえず今は懐妊について沈黙を守り、その間にヒ嬪と敬嬪に勢力争いをさせ、
その後は流産したことにしてどちらかに罪を着せようというナンジョンの意見に、
そのことはいずれ考えよう・・・と気が進まないようすで明言しない王妃でした。

都摠管(トチョングァン)チョン・ユンギョムを助けたがる判府事ユン・イムに、
今はじっとしている時期だとキム・アンロ=キム・アルロ(希楽堂)が説きます。
南陽君ホン・ギョンジュや左議政ナム・ゴンの次の標的は自分たちだからです。
儒生を率いたパク・ヒリャンはナム・ゴンに官職を願い、牢に入る許可もゲット。
婿にしてください!釈放させます!と投獄中のユンギョムに訴えて拒絶されます。
一方ユン・ウォンヒョン承候官はホン・ギョンジュの家に居候中の兄ウォンロに、
投獄されている者(=都摠管)の釈放を頼めないかと聞いています。やさしい!
でもチョン・ユンギョムの娘と結婚すると不利かも?という迷いもあるようです。

中宮殿への殿下のお渡りがなくなり内命婦の紀綱が乱れていると聞いた王妃は、
大切な至密(チミル)の話を敬嬪にバラしている中宗付きキム尚宮を叱りました。
殿下付きの尚宮は直接叩けないからと、代わりにチマを巻いた枕をビシバシ!
叩かれているのは枕なのに、なぜキム尚宮が痛がるのか、全くわかりません~
あ、このとき、チマを脱いだズロース姿のキム尚宮が見れますよ、マニア必見♪
キム尚宮はさっそく敬嬪に報告し、しばらく来れないと告げ、敬嬪は憤慨します。

商人ペクはナム・ゴンにキルサンの命乞いをすべく資金をかき集めています。
しかしキルサンはナム・ゴンの寝込みを襲って脅しつけて黙らせました。
パルングン(巴陵君)が流刑され、ちゃぶ台ひっくり返して荒れるメヒャン母。
心配するメヒャンをナンジョンが励まします。メヒャンにはやさしいんですね!
でもキルサンにはやさしくないナンジョンは、承候官との結婚を打ち明けました。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 47話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 45話>

スポンサード リンク


>叩かれているのは枕なのに、
>なぜキム尚宮が痛がるのか、全くわかりません~
>あ、このとき、チマを脱いだズロース姿のキム尚宮
>が見れますよ、マニア必見♪

マニアの私は楽しめましたー。
チマの下ってこうなってるのね!って。ほかではあまり
見ない気がしますが、女人天下でチマの下の白いスカ
ート?は目立ちますね。たまに後宮様なんかが急いで
歩くとき裾から見えるので・・・。

だからあんなに膨らんで見えるのかな?

キム尚書、台湾版だとよくわからなかったんですが、
王様づきだから直接ふくらはぎ攻撃しなかったんですね。
はじめ、なぜ下着を叩く?と疑問が浮かび、次にそれに
煩悶するキム尚書にまたまた疑問・・。あの演技にはま
いりましたが(天晴れです!私なら笑い出してとてもでき
ませんー)、この尚書さまもほかの時代劇で見たのに・・・

思い出せません!もどかしいー。

この回でも、大妃様は、顔と声が怖い割りに権謀はお嫌い
みたいですね。あくまで現実に追従するというか・・・。


>ナンジョンは今度婚礼を挙げることをキルサンに告げます

次回になりますがキルサンの傷心ぶりすごかったですね。
正直、若者なら絵になると思うんだけど、サンミンさんの
中年のお姿(勝手に断定)では、なんかしっくりきませんで
した。
[ 2009/08/05 05:25 ] [ 編集 ]
キム尚宮の下着姿に萌えたマニアな黄梅さま、いらっしゃいませ~


> はじめ、なぜ下着を叩く?と疑問が浮かび、次にそれに
> 煩悶するキム尚書にまたまた疑問・・。あの演技にはま
> いりましたが(天晴れです!私なら笑い出してとてもでき
> ませんー)

ですよね、おかしいですよね。
なぜ叩かれてないお前が痛がっている!!?と。
不思議すぎます。


> この尚書さまもほかの時代劇で見たのに・・・
> 思い出せません!もどかしいー。

「キム尚宮」(=ケトンのほう)の、
王妃の実家のお付きの人役ではなかったでしたっけ?
間違ってたらすみませんです!


> 次回になりますがキルサンの傷心ぶりすごかったですね。
> 正直、若者なら絵になると思うんだけど、サンミンさんの
> 中年のお姿(勝手に断定)では、なんかしっくりきませんで
> した。

たしかに!メタボなキルサンに傷心されても・・・って感じですね。
私たちって、なにげにキルサンに冷たいですね(笑
[ 2009/08/23 22:33 ] [ 編集 ]
はじめまして。
ここのところ、BSで見た後、
こちらに立ち寄って予習復習にいそしんでおります さかえ千夏と申します。

皆様もある意味 釘付けのキルサン。
小6女子が一緒に見ていて、キルサンのことを
「過激武闘派のりすけさん」と言ってました。
常々、誰かに似ている~とは思っていたんですが、
実写版のりすけさんには正直参りましたので、
ご報告に参上しました次第です。

またお邪魔するかと思いますが、よろしくお願いします。
[ 2010/03/13 19:48 ] [ 編集 ]
さかえ千夏さま、いらっしゃいませ!
初めてコメントをいただきましたのにご挨拶が遅れて申し訳ありませんでした。

予習復習に役立ててくださっているとのこと、ありがとうございます。
そう、キルサンはある意味誰もが釘付けですね~

で、のりすけさん・・・・のりすけさんって誰?と一瞬思ったのですが
あの、ご家庭アニメキャラののりすけさんですか?
爆笑です~~これからはキルサンを見たら笑ってしまいそうです。

たしかに実写版にしたらキルサンみたいな風貌なのかも!
タイコさんも見つけてあげたくなりましたが
ナンジョンはタイコさんにしては性格が悪すぎでNGですね!

これからもお気軽にお寄りくださいませ~
[ 2010/03/25 03:06 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント