*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<チャングムの誓い 相関図 その4 その他の尚宮や宮女>

★パク・ヨンシン女官長
ドラマ前半でチェ尚宮よりももっと格上だった、三ツ矢歌子なお方。「女官長」と訳されていたが、実際には提調尚宮。そのときどきの勢力に従い適度に甘い汁を吸う権力者だが、韓国歴史ドラマの中ではそれほど極悪でもなく、普通な権力者といった印象。チェ一族ほどあこぎではなく、罠にはまって宮殿を追い出されてしまった。その後、チェ一族への復讐と返り咲きを狙い、チャングムたちに協力。最後には改心して尼寺へ行ったもよう。後にチャングムのライバルとなる医女ヨリ(ヨルイ)姉妹が幼い頃に面倒をみたという過去があり、ヨリが忠誠を誓う人物でもある。「女人天下」ならば中宗付きで敬嬪パク氏の間者だったキム尚宮役に該当する役職。

★スバル尚宮(名前不詳)
パク・ヨンシン女官長につきしたがっていた侍女的な尚宮。スバル尚宮とは、身の回りの世話をするのが主な役目。女官長が宮殿を出てからもお世話をしていたらしいことが45話でわかる。「トンイ」でアイゴーアイゴーうるさかった夫婦の奥さんを演じていた方の役といえばわかりやすいかも。

★気味尚宮(名前不詳)
第一話で友人チェ内人が食事に何やら仕込むのを目撃したパク・ミョンイ(チャングム母)がまず報告していたのが、この気味尚宮。さが彼女がチェ一族と通じていたので、ミョンイが悪事に気づいたことがバレてしまい、悲劇が生まれることになる。「馬医」でスッキ公主にお仕えしていたカク尚宮役の方が演じている。かなりお若くておきれい!

★ノ尚宮
大妃殿に配属されていた勤続50年の老尚宮。退職のはなむけに大妃(貞顕王后)から試験の出題を命じられ、「饅頭(マンドゥ)」という問題を出した。8話~9話ごろに限定的に登場するだけなので、特に覚えていなくても視聴に大きな問題はない。

★ハンイ
針房勤務の見習い宮女。前出のノ尚宮の娘だと自分では思っているが、実はノ尚宮の後輩宮女が明の役人に手ごめにされた結果、生まれた。母親は宮女の規則に従い命を絶ったが、当時の同僚たちはその娘の命を守ろうと、宮殿の片隅でひっそり育て、その秘密を守り抜いたというエピソードがある。退職するノ尚宮が大好きな饅頭をつくるためにチャングムの試験の食材を盗み、チャングムを危機に陥れた。ノ尚宮と同様、限定的な登場人物なので、この人のことをちゃんと覚えていなくても視聴に支障はない。
スポンサード リンク
<チャングムの誓い 相関図 その5 朝廷の人々>  | HOME | <チャングムの誓い 相関図 その3 水刺間(スラッカン)の人々>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント