*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 45話>

中宗の治療法がわかったとチャングムとミン・ジョンホが王妃(文定王后)に報告するも、病名はわかりません。そこへ内医正チョン・ユンスが「狐惑病(こわくびょう)です!」と自信マンマン。シンビがウンビに質問するのを聞いてひらめいた内医正は、書物を探しまくって中宗の病と思われる記述を発見していたのでした。

ですが内医正とチャングムの治療法は異なっており、お前は書物の作者より詳しいのか!?と内医正はおかんむり。シン・イクピル主簿とチョン・ウンベク主簿は「あの医書の粗雑な記述をそのまま信じるのもナンだし、チャングムは実際に治療してるし・・・」と言葉を濁します。

そこで王妃は3人の医官に中宗の診脈を命令。チョン主簿はチャングムの主張を支持し、次にシン主簿が考えを話し始めたところに、オ・ギョモ軍団が乗り込んできて、都提調をさしおいて勝手にコトを進めた王妃を責めました。王妃が仕方なく内医正に治療を任せた途端、チャングムの予想どおり中宗が腹痛で苦しみ出したので、治療は結局チャングムに委ねられます。

義禁府から釈放されたチェ尚宮とクムヨン(クミョン)はエバりくさって会議室に登場しますが、「ワライダケの問題は未解決だから謹慎」と尚膳がピシャリ。ワライダケの実行犯はヨルイ(ヨリ)だと怪しむチェ尚宮は、前提調尚宮パク尚宮とヨルイのつながりを掴みました。

中宗の症状はチャングムの鍼で好転した後に急変し、視力が危うい状態に。捕えられてもラブラブムードなチャングムとミン・ジョンホは、激怒している王妃に、中宗の失明を予想していたと話し、「私に診脈させてください!」とチャングムが直訴。王妃は悩んだ末にチャングムの診脈を許します。診脈したチャングムは書物を読み、水庫や牧場を確認。命惜しさの時間稼ぎかいっ!と皆がウワサします。

やがてチャングムは処方を決め、料理も指示。しかし中宗がいっこうによくならないので、半狂乱になった王妃(ヒステリー演技が印象的です)がまたチャングムを義禁府にぶちこみました。そしてミン・ジョンホと審問場に引っ立てられたところで、「殿下のようすがよくなった!」と大喜びで呼ぶ王妃。チャングムが鍼を打ち、エンヤコーラとマッサージを続けた結果、中宗が視力を取り戻しました!
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 45話 補足>  | HOME | <「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 44話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント