*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 44話>

「王妃は先日の大妃の件で提調尚宮の本性に気づき、ハン尚宮の事件も疑っている」と尚膳がチャングムに説明。そして今回の件で動いてくれたのはミン・ジョンホだったと明かします。中宗と同じ傷寒症の患者を集めた病舎がすでにタジェホン(多栽軒/茶斎軒)に用意されており、チャングムとチャンドクが原因解明に励みます。

ミン・ジョンホは「チャングムは済州島に行った」と内医院に説明し、水刺間(スラッカン)が反発しているし医官全員で王の脈をみようと提案。その結果、二人の主簿も「傷寒症に間違いない」と診断し、チェ尚宮は「食材を買い占めてでも料理に問題がないことを証明する!」と息巻きます。

ここらでチェ尚宮一派との仲を修復しておこうと内医正が考えていた矢先、内侍府が水刺間とチェ・パンスルの屋敷を調査。それに乗じてミン・ジョンホは取引関係の証拠を探させます。その結果、クムヨン(クミョン)専用秘伝のタレにワライダケが入っていると判明。チェ尚宮とクムヨンが捕えられました。

で、ワライダケはヨルイ(ヨリ)の仕業でした。ヨルイや弟妹は前提調尚宮パク尚宮(←チェ尚宮が陥れた)に恩があり、敵討ちをしているのです。さらに前提調尚宮はオ・ギョモに近づき、チェ一族と手を切れば薬剤店の利益を差し出すと持ちかけます。チャングムたちは「チェ尚宮はすぐにバレるようなことはしない」と推測。ミン・ジョンホはチェ・パンスル宅から見つかったものをチャングムに見せ、高価な倭国のコショウであると確認します。

チェ一族を見捨てることにしたオ・ギョモはクムヨンを義禁府に移送、チェ・パンスルとチェ尚宮は審問場で痛めつけられます。ヤバイ!と思ったヨンロはヨンセン@懐妊中に謝りに行きますが、“チャングムが屍躯門(シグムン)から出された”ことを話してしまい、ショックなヨンセンはヨロヨロ~。シンビが駆けつけてチャングムの無事を教えます。

傷寒症の患者の小さな傷が治りにくいことに気づくチャングム。ミン・ジョンホを通してシンビに頼み、中宗の担当だったウンビに過去の症状を確認してもらい(その現場を内医正が聞いていて「ピン!」)、中宗の病名はわからないものの治療法を突き止めました。

治療法を明かさなければ「王の病は料理のせい」となりチェ一族は滅びます。チャングムは迷った末、義禁府へ。死んだんじゃないの!?とチェ尚宮とクムヨンは驚いた後、ハン尚宮への許しを乞うのを拒みました。その後、審問場でビシバシされているところにミン・ジョンホとチャングムが登場。「審問をやめよ!」「料理には問題ありません。誤診です」と勝ち誇ったようにチェ一族を見つめるのでした。
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 45話>  | HOME | <「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 43話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント