*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」「女人天下」の後だと気づきがいっぱい 「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 補足>

「宮廷女官チャングムの誓い」はとても有名な作品なので、初めて見る方の中には、それほど韓国歴史ドラマを見ていないという方も多そうです。また、韓国ドラマブームの先駆けの頃に見た方も、そもそも輸入されていた歴史ドラマ自体が少ない時期だと思われますので、やはり韓国歴史ドラマの経験値が低い状態だったと推測されます。

したがって、宮女の世界もお初!医女の世界もお初!すべてがお初!な状態で、なにもかもが新鮮だったのではないでしょうか。私も最初の視聴では、宮中の官職や内医院の細かいことなどに関心を払うまではいかず、ただただ衝撃の内容にハラハラしながらストーリーを追っていました。

その後、複数の韓国歴史ドラマを視聴して、特に「女人天下」や「馬医」も見て、それからまた「チャングム~」を見ると、いろんなことに気づかされて興味深いです。たとえば「馬医」に登場したツボ押し練習人形の「鍼灸銅人経」を「チャングム~」でも発見したり、初視聴のときは認識していなかった典医監を意識したり・・・です。そうそう、2話で内侍キム・チョソンの名前が出てきたときも「あ」でした。

何より数回目の視聴の今は、チェ一族やクムヨン(クミョン)へ向ける思いがまったく変わってきました。韓国時代劇をいくつか見てくると、出世や生き残りや一族についての想い入れがなんとなく理解できてくるので(完全に理解はできませんが)、チェ尚宮やクムヨンにちょっぴり肩入れしたり哀れに思ったりという気持ちが少しだけ芽生えてくるのです・・・

私がこのあらすじを書いている現在は、「チャングム~」の大きなブームが去った後です。あえてこのタイミングで書くからには、複数の歴史ドラマを見て培われた汚れた視点や経験値も織り交ぜながらご紹介できれば・・・と思います。
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 補足 医女への道>  | HOME | <内医院まわりの人々を簡単に紹介 「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 補足>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント