*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 ちょっぴりツッコミ>

25話でチャングムとハン尚宮がやっとお互いの身元(?)を知ることができました。厳しいハン尚宮が笑顔を浮かべることが多くなり、見ているこちらもほのぼのしちゃいましたね。

ですが私、ちょっぴりツッコミたいことがあるんです。長丁場のドラマゆえ整合性のつかないことは多々あると思うのですが、これは気になるので書いてしまいます。

チャングムは母の復讐(やなんやらかんやら)のために宮殿に入りました。昔は母の料理日誌を探しに退膳間への不自然な出入りを繰り返し、疑われたこともありましたね。ならばなぜ母の親友を捜そうと思わないのだろう~と不思議に思っていたのです。

幼い頃に口をすべらせたことで父が捕らわれるきっかけをつくった経験のあるチャングムなので、成長してからはあまり無駄口をたたかない無口な設定というのはわかります。とはいえ毎日24時間を宮殿で暮らして寝食を共にしているのですから、年上尚宮たちと他愛ない話をする機会は山ほどあったはず。自然な流れで昔話を聞きだしたりといった情報収集はできたと思うのです。

しかも宮中の宮女はせいぜい数百人。何万人もいるわけではありません。母と同世代でしかも水刺間にいた宮女の数なんて知れていると思うんですよね・・・。ちょっとあたりをつけるくらいできそうなものです。ハン尚宮だってあれだけ親友の話をしていたのに、1ミリたりとも「もしや?」とも思わないなんてヘンだなあと。

そのおかげで物語が盛り上がっているわけなので、けちをつけるわけではないのですが、「チャングム」を視聴するたびに疑問に思っていたことなので、書いちゃいました。
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 26話>  | HOME | <「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 25話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント