*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 2話 補足>

燕山君が祖母(=生母ユン氏の母シン氏)に対面するシーンがありました。同席していた大監はおそらくイム・サホン(任士洪)でしょうか。燕山君時代を描くときに必ず奸臣として出てくる側近ですね。シン氏を匿い、生母の死の真相や遺品をネタに燕山君に近づいたとされています。

燕山君はこの後、母の死に関わった人々を大規模粛清します。それが燕山君10年(1504年)の「甲子士禍(カプチャサファ)」です。この出来事は「母の復讐」を大義名分にしていますが、燕山君とイム・サホンが邪魔者を一掃したという面もあったようです。

イム・サホンは燕山君時代のもっとも有名な権力者の一人。時勢を見極めるのが得意なチェ・パンスル商団は彼と結託していました。司憲府に踏み込まれたときチェ・パンスルがはっきりと「イム・サホンの配下だ(なのに踏み込んでいいのか?)」と言ってますね。イム・サホンはこの2年後、燕山君が廃された「中宗反正」で亡くなります。

そして今回は「王が伯母に当たる方にも手をつけた」と出てきますね。この伯母とは、燕山君の父王・成宗の兄(月山大君)の夫人パク氏です。「王妃チャンノクス」ではこの役をヤン・ミギョンさんが演じています。

そのヤン・ミギョンさんがこのドラマではハン尚宮を演じており、ハン尚宮がミョンイに宮殿の近況を教える会話の中で、「王と私」の主人公である内侍キム・チョソンの名も登場しました。「王を諌めようとしたキム・チョソン内侍を皆の前で殺してしまった」というようなことを話していたと思います。

最後にミョンイの手紙の中で出てきた退膳間(テソンカン)とは、王の料理を下げたり準備したりする配膳室のような場所らしいです。
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 3話>  | HOME | <「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 2話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント