*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「インス大妃」 あらすじ 55話>

第55話 ヨンサン君の孤独

13年後、成宗は崩御し、17歳になった燕山(ヨンサン)君が即位していました。
お付きの内侍ジャウォンや、尚膳キム・チョソン(「王と私」の)も登場します。
インス大王大妃(ジョン)が亡きハン・ミョンフェを懐かしむ場面もありました。

燕山君は祖母であるジョンにわざと聞こえるように、昌徳宮で夜更けまで宴会。
王なのにみずからお面をかぶって舞っています。詩を詠むのも好きなようですね。
ジャウォンの忠誠心を試すために縄で吊るしたりと、暴君の片鱗を見せています。
そんな孫にジョンは、国防を強化しろ、穀物倉庫を作れ、書物を編纂しろと指示。
燕山君はジョンと直接向き合うと緊張するのか、口数が少なく、妙に従順です。

そして大妃(貞顕王后)が産んだ幼い晋城(チンソン)大君(後の中宗)も登場。
祖母も母(大妃)も弟の晋城ばかり可愛がるので、燕山君は孤独を抱えています。
そんな折、領議政ノ・サシンに「父上の二番目の正室」についてあれこれ質問。
王は生母のことを知っている!とノ・サシンは気づき、朝廷に衝撃が走ります。
でもジョンは「知ってたわ。そりゃーあんなに宴で嫌がらせされたらわかるわよ」

燕山君は廃妃ユン氏に仕えていたキム内官を狩りに連れ出し、獲物に見立てます。
さんざん痛めつけて昔の事情を聞いてますが、このドラマの燕山君、こわいです!
夜は王妃の父シン・スンソンと王妃の兄シン・スグンを呼んでさらにヒアリング。
だから祖母上はオレを見下して晋城を可愛がるのですか!?と叫ぶのでした・・・
スポンサード リンク
<「インス大妃」 あらすじ 56話>  | HOME | <「インス大妃」 あらすじ 54話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント