*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<馬医 相関図 その3 クァンヒョンと親しい人々>

★チュ・ギベ(處基北)/馬医、クァンヒョンと家族同然
幼いクァンヒョンが転がり込んだ牧場の馬医。自分の影響で馬医になったクァンヒョンを父親のような気持ちで見守る。涙もろい性格。都でクァンヒョンとチャボンと一緒に住むようになり、馬房(マバン=馬の診療所)を開業する。武橋湯飯(ムギョタンバン)の女将チュ・イノクと恋に落ちかけるも、結局は見合いを続けている。最終話で40歳と判明してびっくり!

★チャボン(子福)/馬医、クァンヒョンと家族同然
チュ・ギベの子分。けっこう怖がり。事件に巻き込まれて捕らえられそうになると突然クァンヒョンのせいにして逃げようとするクセがあった。だが28話では成長したのか、「代わりに牢に入る」発言をする。

★オ・ジャンバク(呉張半)/クァンヒョンの師、武橋湯飯の料理人
昔は宮殿に勤めていた役人。酔って暴れてヨナ島に配流されたときにクァンヒョンに文字を教える先生となった。クァンヒョンと一緒に島から逃亡し、その後は評判の料理店「武橋湯飯(ムギョタンバン)」の料理長として腕をふるう。大人になったクァンヒョンからは「熟手(スクス)オルン」と呼ばれていた。長年狙っていた女将チュ・イノクと見事に結婚。

★ソ・ドゥシク(徐頭植)/イ・ソンハの友人、義禁府都事
イ・ソンハの友達。妹ソ・ウンソが寡婦のためおおっぴらに診療できず困っていたときにクァンヒョンを知り、無理やり治療させようとする。クァンヒョンが馬医と知ると怒り、絶対治せと迫るなど、直情型な部分を見せていたが、根は単純でいいヤツ。ウンソを救われてからはクァンヒョンの援護者となる。そうは見えないが代々大提学を輩出した家柄の出身。

★ソ・ウンソ(徐恩瑞)
ソ・ドゥシクの妹。左議政チョン・ソンジョの長男と結婚するも、若くして未亡人となった。クァンヒョンに生きる勇気をもらい、異例の外科術も受けて元気を取り戻し、兄妹そろってクァンヒョンを支える。義父の悪だくみを盗み聞きできる立場。

★チュ・イノク(朱仁鈺)/武橋湯飯(ムギョタンバン)の女将
“王様もお忍びでやってくる”ほどおいしいと評判の食堂「武橋湯飯」の女将。バツイチ。ジニョンからは「オンニ」と呼ばれている。美人だが口が悪く、クァンヒョンの生死を気にするチュ・ギベの前で平気で「死んでいる」とズケズケと言う。金の亡者でもある。一人息子のパク・テマン(医官でクァンヒョンの友達)には甘くて親ばか。どう見てもまったく痩せていない息子に向かって「最近苦労続きで痩せた」と涙ぐんだりする。料理長オ・ジャンバクと再婚。

★サアム(舍岩)道人/クァンヒョンの師匠
一応実在した人物。知識が豊富で、清国にもツテがあり、一般とは違う治療法も見出しているすごいお人。かつては首医女チャン・インジュの師匠でもあった。幼いクァンヒョンを治療し、愛馬ヨンダルの治療に付き合ったこともある。そのときは不気味な洞窟にいるおどろおどろしい雰囲気だったのに、終盤の再登場からはアクのない普通のおじさんになっていてちょっとガッカリ。ギャンブラーだが、ソ・ガヨンいわく「カモ」。

★ソ・ガヨン/サアムの女弟子、医女
威勢がよく、大食い。おいしい饅頭(飲茶)にはこだわりがある。礼儀を知らず、ガサツなため、無礼な態度をとられてショックを受けた人多数。カク尚宮とチョビ医女を「おばさん」と呼んだ。一目ぼれしたイ・ソンハの前だけではぶりっこ。『韓国ドラマガイド馬医(後編)』によると、途中で追加でつくられたキャラクターとのこと。舞台が清にうつったら新しいオンナっ気が必要だなと考えたと思われる。
スポンサード リンク
<馬医 相関図 その4 クァンヒョンの勤務先(司僕寺・恵民署)の人々>  | HOME | <馬医 相関図 その2 主要な人々>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント