*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<馬医 相関図 その1 王室の系図(1)>

「馬医」は5話あたりからは治世が変わらないのですが
最初のほうは王様がころころ変わりますしめくるめく陰謀が登場します。
孝宗と顕宗は他のドラマでもあまり出て来ない王様なので
ん?どういう関係?と思う方も多いかもしれません(私もそうなのですが)。
ということで、王室の重要人物をまとめてみました。
ドラマに出てこない王子や王女は省略しています。
なお、それぞれの人物説明は結末も含むことがあります。基本的にネタバレです。




★仁祖(インジョ)/第16代国王
クーデター「仁祖反正」で光海君の王座を奪って即位した。宣祖の側室・仁嬪キム氏の孫。「オランケ」と見下していた女真の興した後金(清)に丙子胡乱で屈し、昭顕世子や鳳林大君(後の孝宗)を人質に取られるという屈辱を味わった(このあたりの朝廷のゴタゴタはドラマ「傀儡王 仁祖」を見るとよくわかります)。後に帰国した昭顕世子を謀殺したとされている。

★昭顕(ソヒョン)世子/仁祖の長男
世子妃カン氏とともに清で8年の抑留生活を過ごす。異国の文化や知識に親しみ、清との信頼関係を築いたことが、クーデターの大義名分が「親明排金」だった仁祖の逆鱗に触れた。世子夫妻を嫌う側室・昭容チョ氏(後の廃貴人チョ氏)が吹き込んだ悪口の効果もあり、仁祖は世子に王座を奪われるという危機感を抱く。葬儀が簡素で、治療した医官イ・ヒョンイクも追及されず、残された妻子も後に粛清されたことから、仁祖の意で毒殺されたと考えられている。

★仁烈(インリョル)王后ハン氏/仁祖の正妃
おそらく「馬医」には登場していない。仁祖が即位する前の綾陽君時代に結婚。昭顕世子や鳳林大君(後の孝宗)など四男を生み、1635年に逝去した。ドラマ「張禧嬪」でオクチョンを庇護していたおばーちゃん大王大妃も仁祖の正妃だが、この仁烈王后ではなく、後に仁祖に嫁いだ荘烈王后チョ氏。

★昭容チョ氏/仁祖の側室、後の廃貴人チョ氏
仁祖の寵愛を独占した側室。非常に邪悪な人として伝えられている。特に昭顕世子の妃カン氏を憎んでいたらしく、世子夫妻の中傷を仁祖に繰り返していたとか。娘(翁主)の結婚により姻戚になったキム・ジャジョムとも結託しており、昭顕世子の死に関わった。「馬医」では描かれていないが、仁祖が崩御して孝宗の代になると、息子の崇善君を即位させようとしたのが露見し、謀反人として賜薬を下された。ドラマ「張禧嬪」に出てきた東平君は崇善君の息子。

★キム・ジャジョム(金自点)/重臣、昭容チョ氏の姻戚
仁祖反正の功臣。姻戚の昭容チョ氏と手を組み、昭顕世子の死に加担する。その後、政敵から弾劾されて配流。ムカついたキム・ジャジョムは「孝宗が清に反意を持っている」と清国に密告し、この件で再び追放される。そこでチョ氏の息子・崇善君を推載する計画を立て、これがもとで処刑された。2話で昭顕世子事件の再調査が命じられたとき、唯一の生き証人がペク・ソックだけだったのは、キム・ジャジョムとチョ氏が処分されて存命でなかったという背景がある。(王室の人ではありませんがまとめ方の都合上ここに入れました)

★イ・ヒョンイク(李馨益)/医官
キム・ジャジョム同様に実在の人物で、火で熱した鍼を使う燔鍼(ボンチム)術の名手。内医院の推薦で仁祖を治療していた。チョ氏の実家にも出入りしており、チョ氏の母親との関係がウワサされたこともある。「馬医」ではイ・ミョンファンを昭顕世子事件に引き込み、それを公にされるのを恐れたミョンファンから12年後に口封じされた。1話で彼が手にしていた書物は『不死燔鍼録(ポンチムノク)』。(王室の人ではありませんがまとめ方の都合上ここに入れました)
スポンサード リンク
<馬医 相関図 その1 王室の系図(2)>  | HOME | <「馬医」放送直前スペシャルを見ました!>

スポンサード リンク


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/22 02:25 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント