*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 49話>

国王が重体!ってことで各所に兵が配置され、にわかに物々しい雰囲気に。
(内禁衛将役の方は「チャングム」に出てきたアヒルのおじさんの方ですよね?)
顕宗の病気は、身体の奥深くで進行していた腸癰(チャンオン=腸の腫瘍)。
鍼灸で膿を出して一安心!と思ったら、腹癰(プオン)が併発していました。
内腫(ネジョン)を開腹切除した記録が『治腫指南』には載っているそうで、
助かる確率があるなら手を尽くすべき!とペク・クァンヒョンは外科術を希望。
いつもはものわかりのいいシン提調でも、国王への外科術は許してくれません。
提案しただけでも命があぶないのに!とユン・テジュとパク・テマンも大反対。
左議政ホン・ユンシクも激怒して乗り込みます(クァンヒョンは相手にせず)。

「コ・ジュマン様ならどうしたか」と考えたシン提調が大妃(仁宣王后)に直訴。
顕宗の手術チームが組まれますが、処分を恐れてほとんどの医員が逃げ出します。
→逃亡組:医女トリオと年配医女二人(カビとチョビ)とクォン教授とチョ参奉
→参加組:ペク・クァンヒョン、チャン・インジュ、カン・ジニョン、ソ・ガヨン
     サアム道人、シン提調、ユン・テジュ、パク・テマン、医女マルグム

さあここからはプシューと血が飛んだり腸が出たりしますので苦手な方はご注意!
執刀医クァンヒョンが患部を探すも、膿が多すぎて患部が見つけられません。
サアムに「手で探せ」と言われて手で探しても見当たらず弱り果ててていたとき、
“飯を食うだけがとりえ”のテマンが「水を飲めればいいのに」と奇跡の一言!
水を飲ませて水の漏れる場所が患部だ!ってことで食道に管で水を飲ませました。
そのとき、左議政と内禁衛が手術中のクァンヒョンを引きずり出し(危険すぎ!)
ジニョンがすばやく手を突っ込んですんなり発見しちゃいました♪すごいです。
左議政が情けない表情で出て行き、大妃がクァンヒョンの手を握って感謝します。

大きな功を立てたクァンヒョンですが、御医にはなれないことが判明しました。
医官取才(チュイジェ)や医生課程を修了せず、特例で医官になったからです。
僉正(チョムジョン)が限界と話すチュ・ギベが「トンイ」を彷彿させますね。
悔しくないの?と聞く顕宗にクァンヒョンは「元気になられただけで満足です」。
何か褒美をやろう♪と言われると「名字はペクのままで」とお願いしました。
「実父からいただいた名前と養父からいただいた姓を守っていきたいのです」。

今回の功労者全員に教旨が下されることになり、発表会ママのように女将も見学。
直長テジュは判官に、参奉テマンは教授に、主簿クァンヒョンはなんと御医に!
顕宗みずから下したあえての国法無視にクァンヒョン本人もびっくりしています。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 50話(最終回)>  | HOME | <春秋館に探させた記録 「馬医」 あらすじ 48話 補足>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント