*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<春秋館に探させた記録 「馬医」 あらすじ 48話 補足>

「馬医」48話では、カン・ジニョンの免賤を認めてやりたい顕宗が
春秋館(チュンチュグァン)に命じて昔の記録を探させるシーンが登場します。

春秋館とは、政治の記録を残したり、史書を編纂したりする機関。
1401年(太宗 1年)に芸文館から分離して春秋館として独立したようです。

ほかの歴史ドラマに出てきた例としては、
「トンイ」で譲位を決意した粛宗が春秋館にある過去の事例を調べさせたり
(同じイ・ビョンフン監督の作品なだけあって活用法が一緒ですね♪)
それから「龍の涙」ではバンウォン親分(太宗)が
遠まわしに脅して『高麗史』を修正させたときに登場したような・・・。

で、会議で史官が読み上げる「重臣イ・ソクサン殺人事件のご褒美」について
どーせフィクションなのよね
とてっきり思い込んでいたのですが念のため一応調べてみようと思い、
巻き物の字を頼りにイ・ソクサンのことをチェックしたら、
なんとそのとおりの出来事があったようなので驚きました。

ドラマでのセリフや巻き物情報とぴったり合致する
1456年(世祖2年)丙子年の正月(1月)の壬午(イモ)日12日のこと、
イ・ソクサン(李石山)事件について全く同じ褒賞が通達されており、
官職がある者は三段階昇進、(無官の人は正八品に)、奴婢は免賤とあります。

イ・ソクサンは重臣ってわけではない気がするのですが父上がエラかった?のか
ただの事件じゃない!ということでこのような「WANTED!」がなされたようです。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 49話>  | HOME | <「馬医」 あらすじ 48話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント