*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 42話>

沈香(じんこう)と麝香(じゃこう)のことを知った医官ペク・クァンヒョンが
スッキ(淑徽)公主の手術を始めようとしていたチェ・ヒョンウクに猛抗議。
「お前は痘瘡も懸癰も初めてなんだろ?オレは経験があるんだ!出て行けっ!」。
次に、懸癰は切除すると危険だと顕宗に訴え、鍼を使った瀉血を提案します。
クァンヒョンには一つひとつ鍼でつぶして瀉血した経験が何度もあるのですが、
動物相手だったため、人医の鍼ではなく馬鍼を使う必要があるのが大きなネック。
王女に馬の鍼を使うだと?動物扱いすんな!侮辱するのか?と顕宗が激怒します。

命を救うための道具なのです!とクァンヒョンは席藁待罪(ソッコデジェ)。
かつてクァンヒョンに命を救われた右議政オ・ギュテが顕宗に決断を促します。
「ペク医官にとっては動物も人も命は同じなのです。治療をさせてください」。
顕宗は大妃(仁宣王后)がクァンヒョンをぶちこもうとしているのを制止すると、
失敗したら命はないぞ・・・と念を押してスッキ公主の治療を許可しました。

喉に麻酔をかけるためサポート依頼したサアム道人を呼び入れたクァンヒョンは、
公主様は大切な方ですから必ずお救いいたします・・・と宣誓して手術を開始。
ここからは詳細省略しますが、馬医時代を思い出して一つずつ腫瘍を潰します。
やがてスッキ公主が喉の中のものをゲホゲホッと吐き出して、めでたく成功です。

沈香と麝香(と龍脳)の件でクァンヒョンに詰問された首医イ・ミョンファンは、
麝香を買いに行かされたのを不安がるチョ判官には「兵判の強心剤」と言い訳。
(→後日ウソだと知ったチョ判官は左議政チョン・ソンジョに報告して手下に)
麝香のことは本当に潔白なのか?と左議政はミョンファンを信用しきれませんが
とりあえず重臣一同でクァンヒョンの罷免をごちゃごちゃと申し立てました。
恥を知れ!痘瘡でお前らが逃げてたときに民を救ったのは彼だ!と顕宗うんざり。
「王室の威厳を傷つけられた」のにお怒りの大妃は伝家の宝刀の断食を始めます。

クァンヒョンが罷職され(実は自分から罷職を願い)、とつぜん姿を消しました。
密かに証拠固めでもしていたらしく、イ・ソンハを呼び出すと、事前告知します。
「カン・ドジュンとペク・ソックと首医コ・ジュマン様を死に追いやったのは
あなたの父上であるイ・ミョンファン様です。私はこれから罪を償わせます」。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 43話>  | HOME | <痘瘡で逝った王女は誰? 「馬医」 あらすじ 41話 補足>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント