*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 31話>

首医イ・ミョンファンひきいる朝鮮の医療団が北京に到着し、太医が出迎えます。
偶然にもこの太医は医女カン・ジニョンの留学時代の先生で、朝鮮語でご挨拶。
いくらジニョンに朝鮮語を教わったとはいえ、ペラペラすぎてとても不自然です♪
清の皇帝の第二夫人(皇貴妃)を治す医官を募集する貼り紙を見たサアム道人は
「帰りたいか?成功して皇帝の勅書をもらえば大手をふって朝鮮に帰れるぞ」。
ってことでペク・クァンヒョンたち三人が一般受付から審査用紙を提出しました。
異国人で流民なので不利ですが、兵部侍郎の推薦状があったので審査突破です♪

各国の医療団も一般公募の医官も、すぐに皇貴妃を治療するわけではありません。
皇貴妃と同じ病気の患者で治療を試す代理治療で効果をあげた者が採用されます。
クァンヒョンのためには朝鮮人の患者が選ばれていましたが(すごい配慮です)
コ・ジュマンを死なせた腐骨疽(プゴルチョ=骨髄炎)だと知って大ショック。
壁を乗り越えなければならないとサアム道人がクァンヒョンを励ますのでした。

クァンヒョンとソ・ガヨン、ジニョンとイ・ソンハが薬材市場と書店へお出かけ。
情報収集しようと書店に行ったガヨンは、ぶつかったソンハにぼーっと一目ぼれ。
ジニョンはクァンヒョンを見かけた気がして後を追うも見失い(呼べばいいのに)、
ペク医生のことはもう忘れるんだ・・・!とソンハに抱きしめられるのでした。

自由を謳歌するつもりのスッキ(淑徽)公主は宮殿暮らしを命じられてショボン。
遊びに行った寡婦友達ソ・ウンソの部屋で「ラブレター?♪」と盗み読みすると
「ペク・クァンヒョンが清国で生きているかも」と書かれていたので驚愕します。
今もクァンヒョンの帰りを待ちわびるチュ・ギベが武橋湯飯へ出かけたある日、
火傷した女将チュ・イノクをとっさに応急処置して惚れられちゃったみたいです。

コ・ジュマンのときのことを思い出して治療方法に悩むクァンヒョンでしたが、
患者の決意も固いのでやっぱり外科手術を行いました。(視聴時ご注意ください)
対するミョンファンチームは湯薬(大防風湯)と膏薬(亜聖膏)の併用を決定。
しかし患者の状態は好転せず、カン軍官に他の医官のようすを探れと命じます。
クァンヒョンがカン軍官の姿に驚いている頃、患者に破傷風の兆しが現れました。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 32話>  | HOME | <「馬医」 あらすじ 30話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント