*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<ペク・クァンヒョンは司僕寺の馬医ではなかった!? 「馬医」 あらすじ 補足>

ペク・クァンヒョンの最初の職業は「馬医」でした。
ドラマでは、牧場で腕を磨いた後に司僕寺(サボクシ)の馬医となります。

当時、医官に内医院勤務と町医者がいたように、馬医も2種類いました。
もちろん華々しいのは「司僕寺(サボクシ)」に所属する官吏としての馬医。
王様の馬も管理するのでそのお付きとして出かける機会もありました。
ただし司僕寺の馬医になるには兵曹が主管する試験をパスしなければならず、
水野俊平さんが書かれた『庶民たちの朝鮮王朝』によると
「この試験はかなりの教養を必要とするもので・・・」とあります。
馬医がバカにされているドラマのイメージからするとちょっと意外ですね。

その試験内容とは、馬の治療に関する専門書『安驥集(アンギチプ)』から
無作為に三箇所を抽出して解釈するというものでした。
『安驥集』は中国の唐代に李石という人が編纂し、日本にも伝わっています。
セレブにしか読みこなせない漢書だったそうで、
「漢字が読めない白光炫が及第できたとは考えにくい」(『庶民~』)とか。

その証拠(?)として、『朝鮮王朝実録』の粛宗10年(1684年)5月2日に
ペク・クァンヒョンのことが「起身賤微, 且不識字」と書かれています。
司僕寺の試験を通過していたら「不識字」とは言われなかったでしょうし
医科の合格者名簿に彼の名前がないと書いているサイトもあることから、
おそらく私的に(民間で)馬医や町医を営んでいたのだろうと思われます。

ドラマ終盤の49-50話でペク・クァンヒョンが御医になれるかどうかというとき
彼が正式に医生課程を修了していないことが問題になりますが
これについては事実を正しく反映したエピソードといえるかもしれません。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 9話>  | HOME | <司僕寺(サボクシ)ってどんな機関? 「馬医」 あらすじ 補足>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント