*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 3話>

医官イ・ヒョンイクが殺される現場を見ちゃったペク・クァンヒョンとヨンダル。
追われて川に飛び込み、おぼれたヨンダルを助けたクァンヒョンは「え、女?」。
その後、役所に通報しますが、目撃したことを信じてもらえず追い払われます。

義禁府の取り調べで、内医院判官イ・ミョンファンはこう申し入れていました。
「昭顕世子を消したのは父王だったのに、あえて再調査するのは王権強化のため。
カン・ドジュンを名誉回復させて、カン家の財産を戻して復興させましょう」。
名門家の財産を好き放題できる♪と義禁府同知事チョン・ソンジョは承諾します。
だからイ・ミョンファンが前話でカン家の跡取りとなる娘探しを命じたのですね。
チョン・ソンジョが孝宗に調査報告し、カン・ドジュンの名誉回復が認められ、
友人だったイ・ミョンファンが後見人となり、カン家の娘が公に探されます。
で、ほとんどの方はお気づきでしょうが、ヨンダルは楊州に送られたカン家の娘。
官婢生活に嫌気がさして役所から逃亡し、男の子のフリをしていたのでした。

イ・ミョンファンの手下は、イ・ヒョンイク事件を目撃した子供二人も追跡中。
逃げる途中でわらじを片方なくしたヨンダルはクァンヒョンからわらじをもらい、
広通(クァントン)橋のねぐらに帰ろうとしたところで捕まっちゃいました。
もちろんクァンヒョンは(亡き実父と同じように火を使って)助け出します。
このどさくさの中、父ペク・ソックとクァンヒョンは都で再会していました。
復興したカン家を継ぐべき若様クァンヒョンを守りたい一心のペク・ソックは、
お尋ね者ペク・ソックが証言すると言え!とオ・ジャンバクを役所へ行かせます。

こうしてクァンヒョンとヨンダルとペク・ソックの三人が追われる身になります。
ペク・ソックが矢に射られ、クァンヒョンが薬草を探し、ヨンダルは洞窟で看病。
虫の息のペク・ソックはヨンダルに「楊州の奴婢じゃなかったか?娘よ・・・」。
彼は自分の娘を心配して楊州の役所を覗いていたので、顔を見てわかったのです。
クァンヒョンとヨンダルは都の薬房に駆け込むも、官軍の手がまわっていました。
仕方ないのでヨンダルが囮となって捕まり、クァンヒョンは薬草を持って山へ。
役所に連行されたヨンダルは人相書と関連づけられ、イ・ミョンファンが登場。
カン・ドジュンの娘なのか?ジニョンなのか?と涙を流して抱きしめるのでした。
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 4話>  | HOME | <「馬医」のペク・クァンヒョンの子役君が誰かに似てませんか?>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント