*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 48話 あらすじ>

決起の直前に罷免されたイ・ギは、弁明の上書を出すため二人の息子と共に都へ。
そこへキム・ジャジョムがやってきて、上書を送らないほうがいいと止めました。
「罷免したので謀反のことは論じられないから上書を出すと怪しまれます!」。
しかしイ・ギは義挙するつもりはなかったという釈明の上書を送りました。
この文章がとても上手く、光海君は義挙の再論を禁じ、イ・ギの味方も現れます。
北兵使になったイ・グァルや訓練隊長イ・フンリプもそんなニューフェイス。
心強いメンバーを得たイ・ギは、2日後の3月13日に挙兵すると決意しました。
「前日12日の夜10時から12時に弘済院(ホンジェウォン)の森に集合しよう」。

王妃ユ氏に問い詰められたキム・ゲシ尚宮は、今回も謀反の可能性を否定。
三度も告発がありました!とせっつかれた光海君はついに審問の準備を命じます。
パク・スンジョン、イ・イチョム、ユ・ヒブンが義禁府に行くも、時すでに遅し。
反乱軍に突入され、「訓練隊長が内通してました!首謀者はイ・ソグです!」。
明日反撃しよう(byイ・イチョム)とか明日対策を立てましょう(by尚膳)とか
のんきな人たちですよまったく。私でもすぐ側近を集めて徹夜で対応しますけど。
宮女サムォルと逃げ出したキム尚宮はすぐに反逆軍に見つかって斬られました。

キム・ユ、イ・ギ、キム・ジャジョム、イ・グァル、イ・フンリプたちは、
光海君15年(1623年)3月13日の明け方、義挙を起こして昌徳宮を奪いました。
誰かわからん者に挨拶はできん!と楯突く男(ユン・ジギョン?)が登場です。
昌徳宮を留守にできない綾陽君がイ・ギとイ・ドッキョンを西宮へ行かせると
「この10年間、誰も来なかった。明け方に士官も承旨も同行せずに失礼です!」。
そこでイ・ギは都承旨と承旨キム・ジャジョムを連れ、大妃(仁穆王后)に面会。
次の王は綾陽君?王も承旨も勝手に任命したの?とさっそく大妃が鋭く突っ込み、
先王(光海君)やイ・イチョム一家の処分を求め、母を連れて来い!と命じます。
女の恨みは根が深いとの言葉をあらわすように意地を張り続ける大妃でした。

出陣前に綾陽君(後の仁祖)は夫人(後の仁烈王后)を抱きしめていました。
「もし昌徳宮から火があがらなければ、そなたも命を絶たなければならない」。
庭で必死に祈る夫人に、成功しました!と報告が入り、めでたく王妃様♪です。

トッポ僧侶いわく「京畿の兵を集めて討伐軍をつくれば謀反軍を倒せる」そうで、
従えた人数の少ない綾陽君は昌徳宮を離れて西宮へ行くことができませんでした。
やがて臣下の家を転々としていた光海君が捕まり、綾陽君が西宮で大妃に会うと、
「玉璽を私に渡しなさい!!私が玉璽を渡さなければ即位できませんよ?」。
玉璽は大切なのでイ・ギがビビっていると、幽閉生活の恨みつらみを大妃が爆発。
綾陽君は玉璽を大妃に渡させ、それを受け取り、16代王の仁祖になったのでした。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 49話 あらすじ>  | HOME | <「暴君 光海君」 47話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント