*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 45話 あらすじ>

イ・ギ(黙斎/ムクチェ)の 夫人が亡くなり、シン・ギョンジン@48歳が弔問。
彼は文禄・慶長の役で都元帥を務めたシン・リプの息子で、字は君受(くんす)、
慶源と碧潼(ビョクトン)の郡守を務めた後は官職から遠ざかっていました。
王の暴政をなんとかしなければ!ということで二人は結束(→後に仁祖反正)。
シン・ギョンジンはイ・ウォンイク(ウォニク)にも声をかけますが拒まれます。

乱世だから官職もどうなることやら・・・と民は噂し、キム尚宮への賄賂が激減。
乱世って言ったヤツを捕まえなさい!とキム尚宮が巫女ハクチョンに命じます。
そんな不穏な空気を察しているのか、王妃ユ氏が兄のユ・ヒブンを怒鳴ります。
「後金と和親しても明に逆らったことにならない!殿下の言うことを聞きなさい!
不正もだめです!何かが起こって私が今の地位を奪われてもいいのですか?」。
王妃の命令に従いそうなユ・ヒブンを、いつも強気なイ・イチョムが一喝。
ついでに宮殿に来ていた晋昌君(カン・ホンリプ叔父)を責めまくりました。

実はこの日、晋昌君が宮殿に来ていたのは、光海君に謁見するためでした。
国が安泰でいられるのはカン・ホンリプのおかげだ・・・と光海君は感謝を示し、
重臣が後金に国書を送るのを反対しまくるので、苦肉の策を実行することに。
「朝鮮は後金との和親を願っている」との噂を満浦あたりの商人に流させるから
その作戦のためにカン・ホンリプの息子も満浦に行ってこいと命じました。
さらに国境を警備する兵に報酬を与え続け、後金からの逃亡者を後金に戻します。

この作戦は効果があったようで、後金の皇帝ヌルハチの態度を軟化させました。
兵の食費も大変だし国に帰して後金の威力を伝えさせるべし!と長男チュエン。
いやいやあいつらは裏切りますよ!帰国させたらダメです!と八男ホンタイジ。
ヌルハチは両案を採用し、“使える将軍”4人のみを抑留し、他を帰国させます。
(その4人は都元帥と副元帥キム・ギョンソとパク・ナンニョンとオ・シンナム)
朝鮮に戻る将軍たちに別れの拝礼をされた都元帥カン・ホンリプがこう託します。
「弾劾されても、後金のすごさを伝えてくれ。まだ今なら友好国になれる」。
こうして大勢の兵が3年ぶりに帰りますが、重臣は彼らの話を信じないのでした。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 46話 あらすじ>  | HOME | <「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 10話 補足「長官=牧使」>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント