*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 42話 あらすじ>

都元帥カン・ホンリプの次男(庶子)が平壌で戦いの様子を聞き込んできました。
一族が滅んでしまう!と嘆く晋昌君(カン・ホンリプ叔父)に夫人が反論します。
「事前に王様と二度も拝謁したので、投降は主人だけの意志ではないはずです」。

やがて平安道観察使パク・ヨフから朝鮮軍が投降したというしらせが届きました。
すべてはカン・ホンリプの責任!重罰に!とキム・ゲシ尚宮が訴えますが、
光海君は「ご苦労だった・・・」と心の中でカン・ホンリプをねぎらうのでした。
朝廷には都元帥の解放を求める使臣を送るという発想はなく、非難するだけ。
明も大打撃を受けたのだ!後金からの連絡を待つしかない!と光海君が断ります。

兵の家族が「息子を返せ!」とカン・ホンリプの責任を追及して屋敷を囲みます。
カン・ホンリプの夫人が堂々と民に説明しようとすると、投石されました。
夫人にケガさせたな?義禁府に突き出してやる!と晋昌君が民を追い払います。
(怒った民がカン・ホンリプ家を襲うシーンが今回はとても長かったです・・・)

朝鮮は出兵したくなかったとカン・ホンリプは後金皇帝ヌルハチに繰り返し説明。
「朝鮮に帰国させてやろう。ただし五人だけだ」とヌルハチがようやく許します。
従事官チョン・ウンジョン、軍官ホ・ヒ、副元帥の息子であるキム・ドゥクチン、
イ・ジャンデ、通訳官ハ・ソグクの五人が国書を持たされて帰国しました。
朝鮮が国書にちゃんと対応したら和親を議論してやるつもりのヌルハチでしたが、
は?オランケのくせに国書?紙切れだろ?と現実を理解できない重臣たちでした。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 43話 あらすじ>  | HOME | <「暴君 光海君」 41話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント