*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 3話>

平市署主簿キム・ウンリョルらが現れ、絹の密売現場は乱闘さわぎに。
逃げ出したホン(後のキム・マンドク)は、オ番頭が自分を狙っていたと知り、
さらにオ番頭が手下を切るのを目撃して追われているとトンアに助けられます。
養成所を助けるために絹店で働きたかったと話すホンを師匠(キム尚宮)が叱り、
官軍からもオ番頭からも追われる身になったホンを倉庫に隠しました。
ホンを引き込んだマクスン(後のオ・ムンソン)はちょっと後悔しています。

倉庫に横たわり熱でうなされるホンを見ながら、師匠がホンの母を思い出します。
ホンの母とは薬草を探していたときに出会い、それは毒よ!と教えたのが縁。
当時ホンの母と恋仲だった流刑中のキム・ウンリョルを診察してやったり、
彼の子を身ごもった彼女の出産に立ち会ってホンを取り上げたのも師匠でした。
キム・ウンリョルの将来を思うホンの母は子供の存在を知らせておらず、
愛するキム・ウンリョルがくれた笛を師匠に託して息を引き取ったのでした。

事件の捜査は進まず、刑曹判書チョン・ドウンが主簿キム・ウンリョルを叱責。
取締りは贅沢を禁じる王意に従ったものだ!とチェ・ジェゴンがかばいます。
チョン・ドウンは専売商人カン・ゲマンたちからの賄賂で富を築いてきたとか。
キム・ウンリョルは絹を守ろうとしたホンが自分の手を噛んだのを思い出し、
あの娘に聞けば絹の出所がわかる!と気づきます(思い出すのが遅すぎません?)

養成所を閉めると決めた師匠は、皆に朝寝坊を許し、豪華なごはんを用意します。
言いつけを守ります!反省します!とホンが泣きじゃくってお願いしても無駄。
今度からよく考えて行動しろと師匠は諭し、「みんな羽ばたきなさい・・・」。
子供たちが涙で別れを惜しんでいると、刑曹判書息子ホンスが養成所に来ました。
ホンのことを心配し、ホンの友達マクソンにホンの家を聞いてやって来たのです。
ホンを守れますか?大切に思うならお帰りください・・・と師匠に断られると、
後ろ指をさされても彼女を信じています・・・大切な人だ・・・と言い残します。
その後ホンスの父の顔を見た師匠は、かつて自分を尋問した男だと気づきました。

子供たちを人々の家に預けた師匠がトンアとホンを連れて旅立とうとしていると、
「密売現場の娘=以前捕まえた娘」と気づいた主簿キム・ウンリョルが来ました。
スポンサード リンク
<「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 4話>  | HOME | <「暴君 光海君」 32話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント