*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 30話 あらすじ>

王に呼び出されても陜川(ハプチョン)にこもったままで宮殿に来なかった
山林の丞相チョン・インホン(イノン)が80歳の老体に鞭打って上京しました。
6年ぶりだ♪そなたの意向に従う♪と老左議政との再会を喜んでいる光海君に、
「謀反者を厳しく罰してください。小さな魚ではなく大きな魚を捕えるべし!」。
大きな魚とは、配流や幽閉中のイ・ウォンイクと綾昌君と大妃(仁穆王后)。
ヒョウ革製のお帽子を下賜されたらしいチョン・インホンは重臣たちも叱咤し、
厳罰を下したいと考えているイ・イチョムは嬉々として返事をするのでした。

都城に出入り禁止のチェ・ミョンギル(遅川)が山寺のトッポ僧侶を訪ねました。
(おっさんの入浴シーンが拝めます。臀部まるだし!全然見たくありません!)
全国を放浪している僧侶は、南霊草をくわえながら色んな話をしてくれます。
(南霊草=たばこ。この頃、倭人が頻繁に往来しており、東莱から流行ったとか)
後金を建国した女真のヌルハチやその息子ホンタイジのことも話題に挙げ、
後金を制する力を育てなければ踏み潰されてしまうと持論を展開しました。

「せっかくワシが上京して意見してやったのに王が従わないから帰るべ!」。
9月11日、左議政チョン・インホンが陜川へ帰郷。滞在は2週間足らずでした。
この頃、三昌と呼ばれた外戚軍団は分裂しているとウワサされていました。
イ・イチョム(とチョン・インホン)たちを小北(ソブク)派と呼び、
ユ・ヒブンやパク・スンジョンを大北(テブク)派と呼んでいたそうです。
イ・イチョムはパク・スンジョンの息子ジャフンを通じて会合を申し入れた矢先、
イ・イチョムを弾劾する上書を成均館ユン・ソンド(孤山/コサン)が提出。
江華島では、石灰水で炊いたご飯を食べさせられていた綾昌君が逝去しました。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 31話 あらすじ>  | HOME | <「暴君 光海君」 29話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント