*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 23話 あらすじ>

光海君5年(1613年)5月、江辺七友(カンビョンチルウ)らが謀反の罪に問われ、
大妃(仁穆王后)の父であるキム・ジェナムとその息子が投獄されました。
5月23日、進士イ・ウィギョンら22名が、キム・ジェナムと永昌大君の死を要求。
光海君は嫌がっているっぽいですが、2ヶ月もしつこくねばったそうです。
司憲府掌令チョン・ジョとユン・インは大妃を弾劾しました(大妃気絶)。
永昌大君の代理政治を企み、巫女を呼んで決起の日取りを決めたというのです。

カン・ホンリプの夫人は、当時の慣習に反し、側妻の息子二人を本宅へ呼びます。
一族の恥!とカン家の叔父が乗り込んできますが、夫婦で説得しました。
ところでキム・ゲシ尚宮の口紅がすごい色(黄土色)です。時代を感じます・・・

身内を罰することはできない!永昌大君には触れるな!と処分を嫌がる光海君。
イ・イチョムたち強硬派は反対していますが、臣下には穏健派もいました。
大妃様のことまで論じるのは非常識です・・・と述べた大司憲チェ・ユウォンや、
領議政イ・ドクヒョン、左議政イ・ハンボク(白沙・ペクサ)、ユン・バンです。
そこでイ・イチョムは江辺七友事件で恩を売ったつもりのホ・ギュンに命じ、
公論に従わないなら弾劾するぞ!という左議政への脅し文句を伝言させました。
さらに左議政イ・ハンボクは一族や息子からも「公論に従うべき」と説かれます。

ということで、イ・イチョムが予告したとおり、左議政の弾劾がスタート。
謀反に関わったチョン・ヒョプを推挙した件を責められちゃいます。
王前会議では「永昌大君は追放で手を打ちましょう」という領議政に対し、
「いいえ重罰です!三司がだまっていませんよ!」とイ・イチョムが大反対。
悩みぬいた光海君は、決定した処分を小出しにして言い渡していきます。
・延興府院君キム・ジェナムを配流する(5月28日発表)
・永昌大君は庶民に降格して宮殿から追放する(5月29日発表)
・延興府院君キム・ジェナムに賜薬を下す(6月1日発表)
老王に娘を嫁がせたばかりにとんだ災難を被ったキム・ジェナムが家に戻ります。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 24話 あらすじ>  | HOME | <「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 2話 補足「チョン・ドウンは老論?」>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント