*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 2話 補足「チョン・ドウンは老論?」>

「キム・マンドク」2話の詳しいあらすじはこちらにあります。

豪商カン・ゲマンが賄賂を贈っている刑曹判書チョン・ドウンが
老論(ノロン)派であることが2話でわかりました。
それをセリフで言ってくれたのは、「イ・サン」にも出ていたチェ・ジェゴンです。
後に正祖の側近となるチェ・ジェゴンは南人派です。

1話冒頭で出たように、成功したキム・マンドクが都へ呼ばれたのが正祖19年。
チョン・ドウンが「王の御膳の毒」事件にかかわったのが
キム・マンドク(英祖15年生まれ)の幼少時よりさらに13年前ですから、
つまりは英祖の時代のできごとだと認識しました。

でも英祖の基盤は老論だったはず・・・。
老論派のチョン・ドウンが毒を盛るのはちょっと不自然ですよね。
英祖の前王の景宗(禧嬪息子)派だったけど寝返ったとか
何か事情があってこれから明かされていくのでしょうか?
“ザ・卑しい輩”の過去もちょっぴり楽しみにしながら見続けたいと思います♪

※追記
17話でもチョン・ドウン(老論)が「少論と敵対」と言ってます。
なんとなく推測するに、王の御前事件は英祖ではなく景宗時代のつもりなのかも。
マンドクの生年から逆算したとしても計算がつりあわないのですが
かなりの部分がフィクションなドラマでしょうからテキトーなのでしょうね。
でも年表を確認すればどうとでもなることくらい辻褄合わせといてほしいですが。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 23話 あらすじ>  | HOME | <「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 2話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント