*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 14話 あらすじ>

第14話 父の遺言

世宗が親切に道をあけておいてくれたので、簡単に会えちゃったカン・チェユン。
「己を道を行け」とお許しいただいたんで・・・と世宗に向かって刀を抜きます。
もちろん内禁衛将ムヒュルがすかさず剣を出して防ぎ、どけと世宗に言われても、
「武士ムヒュルの道もあるのです!」と世宗のそばから一歩も引きません。
世宗がずいずいっと近づいてくると、カン・チェユンは自分の喉に刃を向けます。
またまたムヒュルがそれを防ぎ、世宗はこれまでの苦悩を打ち明けました。
「あの夜『クソ食らえ』とお前に言われなければ、余は平穏に暮らしていた。
あのときから二人で地獄に落ちたのに、お前だけ抜け出そうとする気か?」。

幼い自分を助けたのが実は世宗だったとカン・チェユンは初めて知りますが、
民に文字を学ぶ暇などない!年貢を納めるだけで精一杯!と文字作成を嘲笑。
民が死ぬのは学がないからではなく力がないからだ!と父の遺書を取り出します。
その遺書には「俺は悔しい!何もしていない!仇を討ってくれ!」ではなく、
「トルボク・・・俺は文字が読めなくてのろまだから、みんなに迷惑をかけた。
お前は文字を学んでご主人様にきちんと使えて幸せに暮らせ」とありました。
だから今日は世宗を倒しにきたのではなく、死ににきたのだそうで・・・。
王様に負けたんじゃない!復讐をするなという父とタムに負けたんだ!と泣き、
世宗が呼び止めても、ソイに引き止められても、宮殿から去って行きました。
(その後、山で父やソイとの思い出にひとしきり浸って泣いてから町へ帰還)

密本は、入手した捜査日誌や数々の手がかりから、世宗の文字計画を推察。
朝鮮だけの文字をつくるということは中華に楯突く由々しき事態ですから、
右議政イ・シンジョクは世宗が史官なしに慶成殿(パズル部屋)にいると指摘し、
オレが三人の学士を殺しました!とユン・ピョンはあっさり自首して注目を集め、
高名なヘガン先生は真実公開を求める座り込みをするなどして攻撃をかけます。
ソン・サンムンら天地契員の刺文のことまで詳細に記された書状も届きました。

世宗が慶成殿の資料を移そうとしていたところに、領議政ファン・ヒが訪問。
昔おっしゃってた文字創製はあきらめてなかったんですねえ~とほのぼの話すと、
いったん中止して慶成殿を公開しなさいとアドバイスしてくれました。
そして公開日の前夜、運び出されるはずの書物(証拠)を必死に狙う密本たち。
世宗サイドはおとりの駕籠(かま)や歩轎(ホギョ)で陽動し、造紙所へ運びます。
ところがそこにも密本の手下がやってきて、ソイと広平大君が捕らえられました。
が、こんなこともあろうかとソイが呼び出しておいたカン・チェユンが現れます。
スポンサード リンク
<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 15話 あらすじ>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 13話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント