*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 9~12話>

↓ 「太陽を抱く月」一話ごとの詳細版あらすじはこちら ↓
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話

山小屋で会った巫女ウォルがそばにいるのに驚いた王フォンは、領議政ユン・デヒョン側の人間だと思い捕えさせるが、やがて無関係とわかると再び厄受け巫女の役目を課す。大殿で巫女と会話する王の声を盗み聞きした王妃ボギョンが落胆していると、尚膳に諭された王が交泰殿を訪れた。これも巫女のおかげと大王大妃ユン氏は喜ぶが、王は康寧殿へ勝手に来た王妃を牽制しただけだった。

亡き世子嬪ホ・ヨヌによく似たウォルに惹かれていく王に、ヨヌの遺した手紙を発見したヨムが届けた。その筆跡を見た王はウォルの生い立ちを問い詰めた。さらに手紙の文面から世子嬪がただの病死でなかったという疑いを抱き、当時の事情を知る元尚膳を訪ね、昔の承政院日記を確認。義禁府都事ホン・ギュテには捜査の密命を下す。領議政ユン・デヒョンは王が世子嬪の死を不審に思っているのに気づく。

自分が王の心を乱す存在であるのに心を痛めたウォルが、厄受け巫女を退く決意をした。ところが王は憤慨し、王命でウォルを復帰させる。二人は日に日に距離を縮めるが、健康を取り戻した王には王妃との夜伽という重大な務めがあった。気が乗らない王に、夜伽がうまくいかなければ巫女が処分されるとユン・デヒョンが警告する。その夜、一人で過ごすウォルにヤンミョン君が想いを告白した。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 13~16話>  | HOME | <「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 5~8話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント