*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 10話 あらすじ>

第10話 本元(ポノン)の正体

直提学ナム・サチョルの家に侵入者があったのは、二更五点の頃、つまり夜11時。
そのときカリオンは宮女ソイと一緒にいたのでアリバイはあるのですが、
ソイに託した王命を明かすことはできないので世宗イ・ドは悶々とします。
役人にボコボコにされるカリオンの姿に亡き父を重ねたカン・チェユンは、
解剖の知識がある人間が自分の刃物を残すわけがない!とカリオンの無実を主張。
世宗はソイを通じて「王命があるので証言はできないが解明しろ」と伝言すると、
戻ってきたソイに「彼は大義に向かう余にクソくらえといった男だ」と笑いました。
自分と最も遠いところにいるカン・チェユンを“判官”だと思っているのです。

世宗にとって新しい文字の“判官”は、集賢殿ソン・サンムンとパク・ペンニョン。
彼らと一緒に文字の検証し、忌憚ない意見を求め、文字の完成に向けて動きます。
世宗は吃音の発音について解明すべく、カリオンにに協力を求めていたのでした。

カン・チェユンとチョタクは泮村で調査を始め、ナム・サチョルの家も訪問。
(泮村の食堂の女将は「女人天下」のモリンですよね!ここで会えるなんて!)
ナム・サチョルの態度を不審に感じたカン・チェユンは罠にはめてみることに。
ナム家を訪れたチョ・マルセンも、彼の使用人を泮村で見たのを思い出します。
ってことで、ナム・サチョルはあっさり墓穴を掘って捕まり、自作自演が判明です。
「“恐怖”が人を動かす」とカン・チェユンに助言していた世宗も予想した結末で、
カン・チェユンのことを大げさにほめて内禁衛将ムヒュルをおちょくっています。

本元(ポノン)を守れという衛元令(ウィウォンリョン)が密本で出され、
定武(チョンム)軍が都に集結しはじめたのに気づいたシム・ジョンスは、
オレに黙って勝手なことをするなと言っただろ!とトダム行首を叱責します。
めでたく放免され、チョ・マルセンから酒をもらって帰路につくカリオン。
密本から「カリオンを救え」と指令を受けていた右議政イ・シンジョクが捕え、
こんな指示が届くなんてお前は密本の手下なのか?と問い詰めました。
右議政と二人きりになるとカリオンは豹変し、ついに自分が本元だと明かします。
(チョン・ギジュン、昔は細かったのに・・・。まるでキルサン現象ですね!)
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」の公式ガイドブックを買いました!>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 9話 あらすじ>

スポンサード リンク


はじめまして!
少々昔ではありますが、女人天下のあらすじやコメントで
密かに抱腹絶倒・お世話になった者です。

久しぶりに拝見したら今配信している、根の深い木があったので、読ませていただいてるのですが…

最後のフレーズ、「キルサン状態」で吹き出してしまいましたwwww

ドラマも楽しみですが
こちらもとても楽しませていただいてます。
ありがとうございますwww
[ 2013/09/07 12:28 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント