*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 6話 あらすじ>

第6話 死者伝言(サジャジョノン)

文字を読めるフリをしてトルボクに責められたのを忘れられない宮女ソイ(タム)。
父を亡くした事件のせいで声を失ってしまい、王妃(昭憲王后)に助けられた後、
広平(クァンピョン)大君(世宗五男)の宮女として宮殿で働いていたのでした。
お互いの正体に気づかないまま、カン・チェユン(トルボク)がソイを事情聴取。
「学士ユン・ピルに借りた本をソイに返しに行かせた」と広平大君は証言し、
一度見たものを全て覚えるのが特技のソイが覆面男の腕輪の模様を描きました。
覆面男は、泮村のトダム行首やシム・ジョンスとつながっているようです。

カン・チェユン=世宗に恨みを抱くトルボクだと気づいた内禁衛将ムヒュル。
彼を始末しようとするも、便殿に呼ばれていると知り、世宗を守ろうと急ぎます。
しかしカン・チェユンは世宗に刃を向けず、事件を報告するのみに終わりました。
カン・チェユンの働きに感心している世宗に、後でムヒュルが正体を教えます。
「あいつはあのときのトルボクですよ。ソイはあいつを慕っていました・・・」。
幼いソイは世子時代の世宗に石を投げ、王妃が事情を説明したことがありました。
そして世宗は、罪なき人々を死なせたことを今でも苦悩しているのです。

学士ユン・ピルを解剖したカリオンが、4つの活字のコマを取り出しました。
それは、「| 口亡己(こんこうぼうき)」という死者伝言(サジャジョノン)。
カン・チェユンはあえてその言葉を皆に広めることで意味を知ろうとします。
さらに、ホ・ダムとユン・ピルの身体に刺文(チャムン)があったことにも着目。
同じ紋様を彫っていた二人は同じ組織に属していたはずだと推測していたところ、
明の言葉をあやつり武術もめっぽう強い直提学シム・ジョンスにも印を発見。
己身検閲(キシンコミョル=身体検査)を願うも、チェ・マルリに追い出されます。

ユン・ピルとホ・ダムの遺体を運び出して身体を確認したソン・サンムンたちは
自分と同じ印を見つけ「彼らも天地契員(チョンジゲウォン)!?」と驚きます。
世宗いわく、「| 口亡己」の意味を知るのは天地契員の中でもわずか8人だけ。
皆が必死に解明しようとしているその言葉の意味は「密本(ミルボン)」でした。
スポンサード リンク
<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 7話 あらすじ>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 5話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント