*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 4話 あらすじ>

第4話 2人目の犠牲者

父の遺書を探しに戻ったトルボクに「逃げて助かれ」とうながすムヒュル。
その後トルボクはシム・オンの屋敷で働いていた仲間を探すも誰にも合えず、
タムが持っていた紅入れを見つけて彼女が死んだものだと思ってしまいます。
チョン・ドグァンは使用人のユン・ソジンに巾着(トルボクの)を預けて死に、
つづいてユン・ソジンも命からがら自宅に戻って巾着を渡して息絶えました。
自宅には息子ユン・ピョンと、チョン・ドジョン息子のチョン・ギジュンがいます。

世宗イ・ドといまだ冷戦状態の上王(太宗)がこう言い残して崩御しました。
「言葉で説得する政治をなしとげろ!ならばお前を王にした私の功績となる!」。
時は流れ、オトナ世宗や内禁衛将(ネグミジャン)ムヒュルをはじめ、
領議政ファン・ヒ、チャン・ウンソン、ソン・サンムン、パク・ペンニョンも登場。
世宗は経筵(キョンヨン)を日々休まず続け、集賢殿を寵愛していました。
まるで王の親衛隊だ!と集賢殿の連中をウザがっているチョ・マルセンを、
なかなかしたたかなおっさんになった世宗が経筵で言い負かしています。

都を離れたトルボクは超積極的就活で北方六鎮(ユクチン)の陣営に仲間入り。
女親族と戦って功績を上げたトルボクはやがてカン・チェユンという名を得て、
将軍キム・ジョンソの推薦で兼司僕(キョムサボク)として宮中に入りました。
赴任早々、賄賂を配って怒られ、「それは女真族でいうバランっす♪」と言い訳。
お気楽キャラを演じつつ、世宗に復讐するため宮殿のようすをひそかに探ります。

ある日、北方で武官コ・インソルが事故死に見せかけて殺されたのに続き、
集賢殿で学士ホ・ダムが不審死を遂げ、世宗とムヒュルは最高潮に警戒。
実はホ・ダムは、カン・チェユンが就任してすぐ、ある書物を届けた男でした。
その本とは、『毘娑沙論(びばしゃろん)』というサンスクリット語の経典。
キム・ジョンソ将軍が部下のカン・チェユンに預け、ホ・ダムに届けたのです。

怪しい動きをムヒュルに悟られたカン・チェユンが捕えられちゃいました。
そこへ北方から宮殿に到着したキム・ジョンソ将軍が意外なことを言います。
「カン・チェユン?コ・インソルが殺されたと突き止めた男が彼ですよ」。
調べてみるとたしかにカン・チェユンはコ・インソルの捜査日誌を持っており
「緑色の包み」や「ふくろうの鳴き声がしたこと」などを挙げていきました。
世宗から捜査責任者に任命されたカン・チェユンは、ある願いを申し入れます。
「解決したら王様の杯を賜りとうございます。そうすれば亡き父が喜びます」。
スポンサード リンク
<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 5話 あらすじ>  | HOME | <「太陽を抱く月」の原作本を買いました!>

スポンサード リンク


冒頭で、なんかあらすじをナレーションでやってる…と思ったら、途中からの放送でした。
視聴後、即、確認しましたらこの4話の「時は流れ…」以降のお話のようです。
やはりあらすじだけだと、カン・チュユンが世宗を恨んでいるというのも、もう一つ飲み込めていなくてちょっとわかりにくかったです。
おかげさまで4話からとわかりましたので、早い内に1~4話だけでもDVDを借りて見ておこうかなと思います。
ナンジョン父の太宗も見たいですし…(あらすじの背景でちょっとだけ写りました。実は、これが一番残念かも…)。
放送は吹き替えですけど、思ったより違和感がなく見やすいです。
[ 2013/02/01 21:13 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント