*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」あらすじ、はじめます>

イ・ビョンフン監督による「朝鮮王朝500年シリーズ」に新作DVD発見!
ということで、「暴君 光海君」のあらすじを始めます。


なんと主役は、「チャングム」のチェ・パンスル商団のお方ですよ。
視聴していても王様に見えるかどうかちょっと心配ですね。

このドラマの原題は「回天門」だそうですが、
例のごとく見る影もない勝手な邦題になっています。
暴君とつけておけば目立つしいいんじゃない?的なコンセプトなのでしょうか。
原作の渋みや味わいがまったく消されていますけどね。

思えば「正祖大王 偉大なる王の肖像」も原題は「破門」でした。
このような昔の地味なドラマはもともと万人に受けるというわけではないでしょうし
もっと韓国歴史ドラマを見たい!という人がわざわざ探して見るような作品です。
タイトルで惹かれるというようなユーザーは少ないように感じます。
目立たせるために身も蓋も無い一刀両断っぽいタイトルをつけるよりも
原題の持ち味を生かして邦題はサブタイトル扱いにすればいいのにと思います。

ちょっと愚痴ってしまいましたが、「暴君 光海君」は全50話です。
マイペース更新になりそうですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 1話 あらすじ>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 2話 あらすじ>

スポンサード リンク


これはすごく古いドラマですね!
辛奉承氏原作、李丙勳氏監督の[雪中梅]、[風蘭]、[壬辰倭亂]に次ぐ[朝鮮王朝5百年]シリーズの一つです。このドラマは最近の主人公たちが家柄のよい宮中の人たちだと信じられないほどで軽薄で下品なキャラクターに設定された、やや刺激的なフュージョン時代劇とは異なり、少し退屈かもしれないが、朝鮮王朝実録を基本に製作されて比較的史實に充実したシリーズなので、私もとても好きなドラマです。
[ 2013/09/08 22:59 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント