*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」あらすじ20話のその後に>

お若い方たちのお話なのね~
すっかりおばちゃんヅラして鑑賞したこのドラマ、
純粋におもしろかったです!
しかも油断してたら何度か泣かされちゃいましたよ。
個人的には、先日観終えた「王女の男」よりもずっとよかったです。

史実をネタにしていないすべてが虚構の歴史ドラマは実は初めての視聴。
次が観たい!と思いながらサクサク進めて、
作品がよいとこんなに楽しめるのか~と感じました。

この「太陽を抱く月」は、脚本がきっちりつくられているという印象。
隙なく美しく、一貫してキレイにまとまっているドラマです。
序盤で出てきた伏線のウケもちゃんと用意されていて
すごーーい!と感心しちゃいました。
(「女人天下」で韓国歴史ドラマのトリコになった私なので)
ちょこっと出てくるギャグも「ぷっ」と笑えるものが多くて気がきいてました。

そして忘れてはならないのが子役ちゃんたちの秀逸さ。
みんなキャラが生きていて見た目も演技もよかったです。

オールフィクションですが、いろんな歴史のエッセンスが凝縮されているので、
歴史ドラマをたくさん見てこられた方には
「あーこれはあの人がモデルかな」と想像する楽しみもありますよ。

と、ワタシ的に大絶賛のこのドラマではありますが、
「じゃあもう1回見たい?」と聞かれたら、「うん!」と答えるかどうかは疑問。
「女人天下」のハチャメチャさとえげつなさのほうをもう1度見たいのです。
主人公も脇役もうんと「真っ黒」なドラマ、どこかつくってくださいませんかね?
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」の時代背景はいつ頃?>  | HOME | <「太陽を抱く月」 あらすじ 20話(最終回)>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント