*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」 あらすじ 15話>

受霊をしても死ななかった巫女ウォル(ヨヌ)におそれをなした観象監教授は、
活人署(ファリンソ)に行く前に星宿庁で祈祷してもよいと許可しました。
全てを思い出したヨヌは侍女ソルに確認。これまでのへなっとした演技も卒業です。
(ヨヌの父がヨヌの生存を知っていたというのは意外でした!→でも次話で「?」)
王ファンは王妃ボギョンに少しやさしくなり、ばったり会ったボギョンと散歩に。
殿下が私のほうを見てくれるまで待ちます・・・とボギョンがけなげに言います。

活人署に乗り込み、押送中に消えたヨヌのゆくえを必死に探すヤンミョン君。
なりゆきで病人の世話をしているところにヨヌがやってきて再会します。
大提学(ヨヌ父)の教えで医書を読んだと聞いたヨヌが目に涙を浮かるのでした。
また来てくださいと医女たちに頼まれたヤンミョン君は、活人署に通うことに。
ヨヌが心配なフォンは雲剣キム・ジェウンに活人署のようすを見に行かせ、
自分でも足を運びますがフォンに気づいたヤンミョン君がヨヌを抱き寄せます。

ヨヌの命令を受けた侍女ソルが、世子嬪の教育担当だったノ尚宮に接触。
「心配事があるような顔のミナ公主が来て会わずに帰った」ことを知ります。
次に義禁府都事ホン・ギュテがノ尚宮を訪ねると、息絶えたばかりでした。
密命で8年前のことを調べていると気づいた外戚一派が証人を消し始めたのです。

父は病で亡くなったのではなく自決だったとお墓の前でヨムに打ち明ける母。
ヨムよりもミナ公主が驚いてますね。陰で聞いていたヨヌも涙を堪えられません。
しかし当分は巫女のままで過ごし、隠された真実を探り当てようと決めます。
ところがヨヌが「解憂石(ヘウソク)」と口にしたので、ヤンミョン君が「!」。
ついでにボギョンも、自分が見たのは身代わり巫女ではなかったと知ります。
フォンの心を奪ったにっくき巫女を中宮殿に呼ぶと、顔を見て驚愕しました。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」 あらすじ 16話>  | HOME | <「太陽を抱く月」 あらすじ 14話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント