*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」 あらすじ 14話>

巫女と親しくした王フォンを、外戚一派がここぞとばかりにネチネチ攻撃。
日食だから求蝕(クシク=日食の儀式)をして自重しろだのとエラそうです。
ついでに巫女とかかわったヤンミョン君の屋敷を兵に見張らせました。
アホキャラな戸曹判書ユン・スチャンは、ウォルにほれちゃったようです。

巫女ウォル(ヨヌ)の呪いの疑いは晴れるも、王を惑わせた罪で城外追放が決定。
西活人署(ソファリンソ)で病人と流浪民の世話にあたることになりました。
フォンはヨヌの面会に行った後「あの娘を守ってやれなかった」と泣きます。
真実が明らかになることを見通した国巫チャン・ノギョンも義禁府へ。
守ろうとしたが私の考えが浅かった・・・と言い、礼をすると「アガシ」と呼び、
新たな試練に直面するでしょうが自分を信じてくださいと話しました。
私はこれから雪だるまをつくってきます・・・と気をきかせる尚膳ヒョンソン。
私服姿になったフォンと雲剣キム・ジェウンがヨヌをそっと見送るのでした。

大王大妃ユン氏や王妃ボギョンが、亡き世子嬪ヨヌの泣き声に悩まされるように。
殿下が義禁府に行ったですってー!?と怒ったボギョンがヨヌの幻を見てギョギョッ。
鏡を割ってケガをしたため、医官が中宮殿に急いでいるのをフォンが目撃します。
包帯を巻いてくれるフォンに(包帯の前に傷口を洗ったほうがいいと思います!)、
私には殿下が初恋だったのに・・・と傷つけられまくりの女心をボギョンが吐露。
フォンがボギョンを抱きしめますが、やはり心の中にはヨヌやウォルがいます。

「淫」という字を縫い付けた服を着て連行されるヨヌに、人々が石を投げます。
通りがかったヨヌ母がヨヌに気づいて必死に叫びますが、人垣で近づけません。
そしてヨヌが連れて行かれたのは、活人署ではなく隠月(ウンウォル)閣でした。
泣き声をしずめたい大王大妃に、観象監の教授が霊魂を慰める「受霊」を提案し、
死の危険を伴う受霊者(=いけにえ)としてヨヌがうってつけだったからです。
日食の儀式の最中、ヨヌは隠月閣に閉じ込められ、記憶を鮮明に思い出しました。
様子を見に来た観象監教授に「あの少女はもう泣かないでしょう」と断言します。
世子嬪の死は呪いのせい?と気づいたフォンは「国巫を呼べ!」と命じました。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」 あらすじ 15話>  | HOME | <「太陽を抱く月」 あらすじ 13話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント