*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王の道」あらすじ34話のその後に>

イ・ビョンフン作品の「大王の道」を見終えました。
おもしろかった!でも最後の2話あたりは辛かった・・・!です。

「朝鮮王朝500年シリーズ」には含まれていないドラマですが
基本的には同じようなノリでつくられているような内容です。
ただし作品が新しいだけに、映像が明るく、俳優陣もちょっとイマドキです。
特に思悼世子役のイム・ホさんと恵嬪ホン氏役のホン・リナさんは、
「チャングム」とかぶるキャスティングなので親しみも覚えますね。

英祖の意地悪側室ムン氏のキャラにユン・ソナがハマっていて、
ムン氏を側室にしちゃう経緯もおもしろく、
最初のほうはなかなか楽しく見ることができました。
可哀想でちょっとダメ男クンな世子役にイム・ホさんがなぜかぴったり。
ホン・リナさんの耐える良妻もよく似合っていたと思います。
思悼世子が生きている時代のドラマは初めてだったので
初見のエピソードも多々あっておもしろかったです。
ただ・・・父が息子を(しかも世子を)死なせるという悲劇なので
最後は見ていて暗い気分になりました。

思悼世子の死の経緯の見方ついては諸説あると思うのですが
このドラマは世子&恵嬪よりに描かれているように感じました。
その分「イサン」などでは見られない英祖のややこしいジジイぶりがすごいです。
光海君につらく当たっていた「王の女」の宣祖をちょっぴり思い出しました。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」 あらすじ 2話>  | HOME | <「大王の道」 34話(最終回) あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント