*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王の道」 17話 あらすじ>

英祖に言われた「ねずみ小僧」にたいそう傷ついた思悼世子(サドセジャ)が
白装束に刀を持って夜の宮殿をさまよっていると怪しい女官を発見します。
前々話くらいから登場していたこの女官は、世子妃殿で針仕事をするイム某。
スパイではなく自分を恋い慕うストーカーだと知ると、すぐにイチャつきます。

ホン氏一族のならず者・ごろつき・ろくでなしと呼ばれているホン・ナクチュン。
キム・サンノたち老論の集まりにお邪魔して、自分が見たことをチクりました。
「少論の領議政と老論の御営大将と霊山(ヨンソン)君が会ってますよ♪」。
ホン・ナクチュンはご褒美に米をもらい、幼いグギョンと妹(後の元嬪)が大喜び。
世子のためにホン・ボンハンが少論と近づいているのか?と老論派が警戒します。

英祖の信頼厚いパク・ムンス(霊山君)が、領議政イ・ジョンソンと共に拝謁。
ながーい前置きを語ってましたが、要は「世子と仲良くしてね」と願いました。
英祖は黙って頷き、世子を訪ねて一緒に弓矢を競いますが、やっぱりイヤなよう。
でもしばらく放っておいた王孫のことは可愛がるようになってくれました。
ちなみにパク・ムンス(霊成?君)は暗行御史(アメンオサ)で有名な人です。

淑媛ムン氏は相変わらず「息子にすりかえるための妊婦」を母に探させています。
世子のお手つきなった女官イムは尚宮たちに生意気な態度をとりはじめ、
私のことが知りたければ世子様に話を聞けば?と挑戦的な言葉を捨てて去ります。
ってことでついに世子妃(恵嬪ホン氏)が世子のラブアフェアを知りました。
東宮殿の尚宮を問い詰めると、申し訳ありませんが事実です・・・と言われます。
スポンサード リンク
<「大王の道」 18話 あらすじ>  | HOME | <「大王の道」 16話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント