*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王の道」 16話 あらすじ>

祖母上(淑嬪チェ氏)のお墓を園にしてあげられる!やっと父上の願いが叶う!と
思悼世子(サドセジャ)が世子妃(恵嬪ホン氏)の部屋へ行って大喜びします。
大殿のミン尚宮を通じてその情報を知った淑媛ムン氏は、兄ソングクに命じ、
「ダメ世子は墓のために何もしない」という民の噂を英祖に吹き込ませました。

息子として父のためにお墓を園にしたい!と集めた臣下の前で世子が堂々と演説。
次に英祖に拝謁して「昭寧(ソリョン)園にします!」と嬉々として報告します。
でもムン・ソングクからの情報のせいで、英祖は喜ばず、欠伸をして耳をほじほじ。
深く傷ついた世子がとつぜんキレて暴れだし、内侍相手に狼藉をはたらきました。
さらにどっかの殿閣の上の階から「飛び降りてやるーー!」と泣き叫びます。
世子妃がかけつけると、柱に頭を打ちつけて血を流した世子が寝転がっていました。
すっかり自己嫌悪な世子は、世子妃に膝枕をしてもらってさめざめと泣きます。

ホン・グギョンの父ナクチュンがまたホン家(世子妃実家)の周りをうろちょろ。
一人で出かけたボンハンの後を尾けると、少論派の長イ・ジョンソンの屋敷でした。
この頃は党が違う者が私的に話すときは屏風などで顔を隠していたそうですが、
今夜のホン・ボンハンとイ・ジョンソンは屏風ナシで英祖と世子について話し合い。
世子の師匠であるイ・ジョンソンも父子の確執について胸を痛めていました。
そこでホン・ボンハンは、英祖と世子の両方から信頼されている二人に協力を依頼。
その二人とは、イ・ジョンソンと、霊成君(ヨンソングン)パク・ムンスでした。

今日も和緩(ファワン)翁主が宮殿に来て、甥サン(後の正祖)を可愛がり中。
さっき淑媛に世子様のことを侮辱されました!と世子妃お付きの尚宮が報告すると、
(愛するステキな)兄上を!?と和緩翁主が反応してムカつきまくっています。
その淑媛は英祖に、世子が弓矢や剣術や乗馬に興じているとしおらしく告げ口。
お前はねずみ小僧にでもなりたいのか!?と英祖が世子を家族の前でとがめます。
王妃(貞聖ソ氏)が強く英祖を非難しますが、世子はまたまた傷つくのでした。
スポンサード リンク
<「大王の道」 17話 あらすじ>  | HOME | <「大王の道」 15話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント