*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王の道」 9話 あらすじ>

世子妃(恵嬪ホン氏)が15歳で産んだ長男(世孫)が幼くして亡くなったとき、
世子妃は次男サン(後の正祖)を懐妊中でした。(英祖にはまだ伝えていません)
悲しみに耐えて毅然と務めを果たす世子妃を、英祖も姑の暎嬪イ氏もほめます。
しかし思悼世子は禁書の『政院(チョンウォン)日記』を読みふけっていました。

世孫逝去のニュースを聞いた淑媛ムン氏とお付きのハ尚宮はニ~ンマリ♪
淑媛が王子を産めば一応は思悼世子と同じ側室の息子という立場なので
英祖と不仲な思悼世子を廃位させれば淑媛の王子が世子になれるからです。
ってことで、兄で別監のソングクに「東宮の別監に近づけ」と命じて敵状視察。
実家には贅沢をせず汚い身なりでお腹をすかせている演技を徹底させます。
そのおかげで、淑媛の実家のようすを調査させた英祖は好印象を持ったもよう。
かつて淑媛をイビっていた大殿のミン尚宮が、ついに淑嬪に謝罪しに行きました。
淑嬪はやさしくミン尚宮を受け入れて賄賂まで渡し、大殿に仲間をゲットします。

世孫がいなくなり世子への風当たりが強まるのを世子妃の父ホン・ボンハンが心配。
世子(後の景宗・英祖の異母兄)を嫌っていた粛宗時代の出来事を思い出します。
粛宗は左議政と密談をするも、反対されて世子を変えることはしませんでしたが、
かわりにキム・ヨンテクとイ・チョンギを推薦し、二人の王子の護衛をさせました。
その二人の王子とは、ヨニン君(後の英祖)とヨルリョン君(明嬪パク氏の息子)。
これにより世子を支える少論派と英祖を支える老論派の党争が激化したそうで、
「あれが辛壬士禍(シニムサファ)の発端だった・・・」と振り返るのでした。

若い側室ができて毎日楽しそうな英祖は「10歳は若返った」と噂されています。
しかし淑媛のことを「ずる賢い女」と見抜いている暎嬪(いわゆる古女房)は、
淑媛もいるところで英祖に世子妃の懐妊をしらせて淑媛の野望を思いっきり牽制。
いつもはおだやかな暎嬪を知る尚宮たちにとっては、意外な態度だったようです。
スポンサード リンク
<「大王の道」 10話 あらすじ>  | HOME | <「大王の道」 8話 あらすじ>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント