*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ簡易版 9~12話>

※24話までの一話ずつの詳細版あらすじはサイドバーからご覧いただけます

逆賊キム・ジョンソを処分したと端宗に報告した首陽大君は、重臣を呼び出して次々と始末した(=癸酉靖難)。キム・スンユとチョン・ジョンは親友のシン・ミョンが事件に関わっていると知り、衝撃を受ける。傷を負ったものの逃げ延びていた父キム・ジョンソと合流したスンユだったが、ハン・ミョンフェの手下に居場所を突き止められ、キム・ジョンソは絶命。ミョンは虫の息のスンユを山中に運ぶも、とどめを刺せずにその場を去った。

町に戻ったスンユは首陽大君の屋敷の前でセリョンを見つけて愕然としつつ、首陽大君を討とうとし、取り押えられた。スンユが生きていたと知ったセリョンは、刃を自分の首に向け、スンユの救命を首陽大君に願う。幸いにも、これ以上の悲劇を望まない端宗が処分中止を命令。スンユの極刑は見送られ、江華島に送られることになった。スンユは獄中に現れたセリョンの首を絞めながら正体を聞く。スンユの義姉リュ氏と姪アガンを救うなど、スンユのために必死なセリョンの姿に、ミョンは複雑な気持ちで酒をあおる。

幼い端宗を補佐するという名分のもと、首陽大君、シン・スクチュ、クォン・ラム、ハン・ミョンフェたちが朝廷を牛耳っていた。彼らは安平大君を謀略にはめて賜薬を下すことに成功。さらにスンユが乗る護送船を沈める。しかしスンユは命からがら逃れ、麻浦を仕切っていたチョ・ソクチュやお調子者ワン・ノゴル(チョン・ノゴル)という仲間を得る。ソクチュの情人チョヒが行首の「氷玉館」で暮らすようになったスンユは、復讐のために町を偵察し始めた。

スンユの乗った船が沈んだと聞いたセリョンは、ミョンとの婚礼を控えていたが、興味が持てない。その婚礼の日に、錦城大君は兄の首陽大君を討つ計画を立てていた。
スポンサード リンク
<「王と妃」無料配信がGyaoでスタート!>  | HOME | <「王女の男」あらすじ簡易版 5~8話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント